電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

ダイハツ Feed

2012/10/25

びわ湖環境ビジネスメッセ2012 - 滋賀県

びわ湖環境ビジネスメッセ2012 - 滋賀県に展示されていたEVです。

今年のびわ湖環境ビジネスメッセでは,「MINICAB-MiEV TRUCK」への質問が多かったそうです。それだけ,軽トラ版への関心があるということです。

ただし,「MINICAB-MiEV TRUCK」は2013年1月に約200万円(補助金抜きで約150万円)で発売されるのではないか,ということでした。うーん,環境がらみで関心のある人にとっては面白いかもしれませんが,田舎で多くを占め,軽トラに乗ることがほとんどの年寄り相手にこの値段では難しいでしょう。

あっちこっちでEV関係の販売員と話す機会があるのですが,多くの方が滋賀県内のどこに何カ所の急速充電器があるのかも知りません。EVが売れないのもこれでは仕方ないことかもしれません。

滋賀県内の充電ポイント(pdf)

1枚目の写真は,滋賀経済産業協会が製作されたスマートコミュニティツールとしてのEVだそうです。

Img_0003

2枚目は,ダイハツが開発し滋賀県に貸し出している「ハイゼットEV」です。

中日新聞:県に電気自動車貸し出し ダイハツ工業:滋賀(2012/04/28)

Img_0005 Img_0008 Img_0009

2012/05/27

超小型車に新たな規格

リンク: 超小型車に認定制度 1~2人乗り、国交省  :日本経済新聞.

超小型車は「軽自動車」と原付きバイクなどの「第1種原動機付き自転車」の中間に位置付けるそうです。この位置づけでは,小型EVが最適でしょう。

ただし,記事は走行能力を1日約10キロメートルとしているところがよくわかりません。初期の開発では,10キロメートルと制限を加えることによりバッテリーの容量が少しですみ,価格も抑えられるでしょうが,今後のバッテリーの進歩に規格が追いつかなくなる可能性が出てきます。10キロメートルは走らなければならないとする最低走行距離の間違いでしょう。開発中の「コムス」でも50キロメートル走るとしています。

日産自動車:ニッサン ニュー モビリティー コンセプト

トヨタ車体:コムス

ダイハツ工業:PICO

2012/05/17

富士通が改造EV

リンク: 富士通が改造EVを出展、車両情報をクラウドに  :日本経済新聞.

販売する予定はなく、同社の実験に活用

車両の制御情報を富士通のデータセンターに集約するという電機会社の実験面をのみ報道していますが,見方を変えればダイハツ「タント」を改造したEVとはいえ,電機会社がナンバープレートを取ったEVを造ってしまったということのほうがニュース価値があると思います。

近い将来,SONY製のEVが出てきてもおかしくはないでしょう。 

2012/04/28

中日新聞:県に電気自動車貸し出し ダイハツ工業:滋賀(CHUNICHI Web)

リンク: 中日新聞:県に電気自動車貸し出し ダイハツ工業:滋賀(CHUNICHI Web).

「ハイゼットEV」。軽貨物車のハイゼットを改造した造りで、リチウムイオン電池を搭載。二〇〇ボルトの電圧で七時間充電すれば、最長百五十キロ走ることができる

以下2月の発表からずいぶん時間がかかりましたが,いよいよ実証実験の開始です。

ダイハツ、軽商用EVの実証試験を実施 滋賀と大分 | レスポンス (2012/02/20)

13年の時を越えてどのように進化しているか楽しみです。

「ハイゼット電気自動車」を新発売(ダイハツ電気自動車)1999年4月23日

2012/03/21

中日新聞:環境配慮の運転を 長浜で電気自動車試乗会:滋賀(CHUNICHI Web)

リンク: 中日新聞:環境配慮の運転を 長浜で電気自動車試乗会:滋賀(CHUNICHI Web).

市環境保全課の呼び掛けで集まった7社の電気自動車やハイブリッド車など最新のエコカー13台が並んだ

7社というのはスズキ、スバル、ダイハツ、トヨタ、ニッサン、ホンダ、マツダだそうです。なぜ三菱はないのか^_^;

2012/02/20

ダイハツ、軽商用EVの実証試験を実施 滋賀と大分 | レスポンス (エコカー、EVのニュース)

リンク: ダイハツ、軽商用EVの実証試験を実施 滋賀と大分 | レスポンス (エコカー、EVのニュース).

ハイゼットカーゴ』をベースに、駆動ユニット(モーター、バッテリーなど)を搭載した試験車

両県にはダイハツの工場があるから選ばれたのでしょう。

滋賀県、大分県の実証試験へ車両提供 軽商用電気自動車の実証走行試験の実施について(ダイハツ)pdf

三菱の「MINICAB-MiEV」と比較してみました。

                                                               
ベース車両   MINICAB-MiEVハイゼットカーゴ  
車両重量(kg)   1090〜11201100
乗車定員(人)2(4)4
最大積載量(kg)350(200)250(2名乗車時)  
一充電走行距離
  (JC08モード)(km)
100〜150150
最高速度(km/h)100100
充電時間(AC200V)   4.5〜   77
搭載電池   リチウムイオン   リチウムイオン  

2011/11/29

「次のエコカー」に経営戦略の違い

日経ビジネス

環境対応車の開発には巨額の投資が必要だ。同社は軽自動車と同じ大きさのアイ・ミーブでEVを展開するが、価格競争を強いられる小型車で開発資金を回収するのは容易ではない。最先端の技術は高価格の車種から投入せざるを得ないのが実情

2011/11/09

ダイハツ、東京モーターショーに「D-X」「PICO」などを出展

ダイハツ、東京モーターショーに「D-X」「PICO」などを出展(pdf)

PICO
人と環境に寄り添う、新発想2シーターEVコミューター 高齢化・地方・宅配ビジネスなどの時代に対応する新しい乗り物として、 社会・環境の変化に対応した小さいクルマならではの魅力を提案
・日常のチョイ乗り用途に最適な究極のパーソナルユースを実現
・開口部が大きく低くてフラットなフロアで乗り降りしやすいレイアウト
・小さくて狭い場所の使い易さを考えた前後2人乗りのパッケージング
・先進のレーダーで運転をサポート