電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

国内 Feed

2016/11/29

パナソニックの電気自動車

リンク: パナソニックが2020年までに自動運転式小型EVを製品化! | clicccar.com(クリッカー).(2016/11/27)

パナソニックは、1kmから2kmの範囲を40km/h以下の速度で移動する完全自動運転の2人乗り電気自動車を開発中で、2020年までに販売することを目指しているとしています。

(ホンダの「MC-β」に車体は似ています)

パナソニックといえば、テスラ(Tesla Motors)に電池を提供していることで電気自動車に接点はあります。そこで、自動車メーカーと競合しない分野での製品化を行うことで、自動車メーカーとの摩擦を避けているとのことですが、コムスのような「近距離移動用のパーソナルEV」に需要がそれほどあるとも思えません。

しかし、近距離移動用のパーソナルEV」を高齢者向きの車と考えれば、必要な数は多いかも知れません。それは、アクセルとブレーキとを踏み間違えての事故を無くす車となりうるでしょうから。

2016/11/22

PHV充電中の出火

リンク: PHV充電中に出火=民家全焼、けが人なし-札幌:時事ドットコム.(2016/11/21)

21日、札幌市でプラグインハイブリッド車を充電中に出火したと報じています。

このプラグインハイブリッド車が、三菱のアウトランダーPHEVなのかトヨタ・プリウスPHVなのか、もしくは外国車なのかはわかりませんが、いずれにせよ「充電設備付近から火花が出るのを見た」とのことですから、充電コンセントからケーブル、車に差す充電ガン(プラグ)の間に問題があったのかもしれません。(ショートしたとしたらブレーカーが落ちるだろうけれど)

もし、ここに原因があるとすると、充電ガンなどは各社共通化されていますからPHVだけの問題ではなく電気自動車にも関わってきます。また、車メーカーに関わりなく起こりうることになりますから、影響は大きくなります。世界中の流れが電気自動車に傾きつつある中で、水を差しかねることになりかねません。

いずれにせよ、充電することが多い夜中の午前3時15分ごろが出火時間だそうですから、早い原因究明が待たれます。ぐっすり眠り込んでいる時間帯ですから。

2016/09/29

新型BMW i3

リンク: 大幅な航続距離の延長を実現したBMWの電気自動車 「新型BMW i3」を発売.(2016/09/27)

BMWジャパンは、リチウムイオン電池の容量を21.8kW/hから33.2kWhへと増やし、一充電走行距離を390km(JC08モード)まで延ばした「新型BMW i3」を、10月1日(土)より販売を開始すると発表しています。

価格は、モデル変更前と同じ499万円からだそうです。あちこちの記事にはあえて?触れられていませんが、新しいタイプのバッテリーで容量が大幅に増えたのですから当然値上げするはずです。ところが価格を据え置くということは、今までの装備を一部減らしてその価格を維持しているのでしょう。

電池の容量が増えた分、「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費」補助金が従来モデルの239,000円から365,000円(搭載された蓄電池容量 1kWh 当り1万1千円 ×搭載された蓄電池容量(kWh))へアップしています。本体価格は据え置きですから、電池容量が増えて、今までよりも126,000円安く買うことができます。(補助対象車両一覧

リンク: 電気自動車ニュース: クリーンエネルギー自動車補助金の申請受付開始.(2016/04/20)

余談ですが、「新型BMW i3」電池容量は33.2kWhです。一般的な記事では皆33kWhとしていますが、正確には33.2kWhになっています。(正規ディーラーで確認)

現在の補助金は、上に書いたように電池容量に比例した金額となるので、33kWhなら363,000円のはずですが、どの記事も365,000円となっています。疑問に思ったので、次世代自動車振興センターに載っている補助対象車両一覧を調べてみたところ、新型は33.2kWhと書いていました。

また、リチウムイオン電池は、これまで通りサムスンSDIだそうです。

リンク: BMW、EVの「定額充電サービス」が日本上陸 (2ページ目):日経ビジネスオンライン.(2016/09/28)

競合するLG化学からの提供は今のところないそうですが、以下の記事によると、技術開発はどんどん進んでいるようです。「新型BMW i3」でも、今までのと大きさは同じで、電池容量が約1.5倍になっているのですから。

1回の充電で300キロメートル以上走れる電池を開発したのをきっかけに受注が急増しているという。今後は1回の充電による走行距離を500キロメートル以上に伸ばし、充電時間を短縮する技術開発にも力を入れていく。

リンク: LG化学、ポーランドにEV用電池の新工場  :日本経済新聞.(2016/9/26)

新型BMW i3で気になったのは、以下の2点です。まず、その充電時間です。容量が増えた分、国内の急速充電では、約45分でバッテリー容量の80%まで充電できるとしています。この点を新しいユーザーに強調しすぎると、「30分で80%」の宣伝文句が染みついている今の電気自動車オーナーが30分間きっちりと充電するように、時間いっぱいまで充電をねばるi3ユーザーが出てこないとも限りません。45分というのは、あくまでも目安であって、時間と後の走行距離に応じた充電を心がけるように説明してほしいものです。

「ちょこっと充電」: 第2回EVOC関西オフ 往復記録.(2016/08/29)

次ぎに気になったのは、BMWジャパンの新しい充電サービス「ChargeNow」です。

BMWの電気自動車が、今ある充電器のネットワーク「NCS ネットワーク」(合同会社日本充電サービス)を利用しようとすると、日本充電サービスが発行するNCSカードを利用するしかありませんでした。ところが、10 月 1日からは、このネットワークを利用可能にする「ChargeNow」というBMW独自のサービスを開始するというのです。それも12ヶ月間無料で提供すると発表しています。

ただし、問題はその後で、急速充電器も普通充電器も使えるサービスが月額5000円(急速充電15円/分)と高額になっています。今ある日本充電サービスが発行するNCSカードの料金プラン表では、同じ条件のものが月額4,200円ですから、購入1年後には800円でも安い方へ移行するであろうことが目に見えます。なぜ、このような料金設定にしたのか疑問に思いました。

ちなみに、充電条件に違いはありますが、テスラ専用の「スーパーチャージャーステーション」であれば無料、その他は月額3250円(急速充電15円/分)ですし、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム スタンダードプランは、月額3,000円(急速充電0円〜15円/分)です。三菱のプレミアムプランは、月額1,500円(急速充電5円〜15円/分)です。

リンク: 電気自動車ニュース: マイナーチェンジ BMW i3.(2016/09/13)

2016/09/27

Shimizu In wheel Motor

リンク:【第1回】 伝説の電気自動車“Eliica”生みの親に聞く、電気自動車の真実と未来 | FUTURUS(フトゥールス).

【第2回】 「電気自動車×自動運転」と太陽エネルギーがもたらすユートピア

【第3回】あの「最速ポルシェ」を超えた加速力を体験!? 最新世代の電気自動車を試乗! 

【第4回】 “長生き”を実現するクルマ社会を目指して

慶応義塾大学環境情報学部教授を2013年に退任され、現在は株式会社e-Gle代表取締役社長の清水浩氏へのインタビュー記事です。「日本の電気自動車開発の草分け的存在である清水浩氏は、現在も究極の電気自動車を追い求め続けている」そうです。

SIMドライブ.(2016/05/30)にも書きましたが、この「電気自動車ニュース」を始めた2007年より前の2005年に、日本未来館に展示されていた慶應義塾大学 電気自動車研究室の「KAZ」に興味を持ったのが、電気自動車との付き合いの始まりです。仕事の関係で電気自動車について調べる機会があり、ひょんなこときっかけで発売前のアイミーブ試乗車に乗せてもらい、今では2台の電気自動車に乗っている私ですが、SIM-Drive後の清水浩氏の動向が伝えられないので気になっていました。

Sany4054

(「KAZ」2005/08/08、日本未来館で撮影)

インホイールモーターは、FOMM水に浮く”超小型電気自動車に挑む日本ベンチャーの開発者魂【前編】.)(2016/08/09)に受け継がれているようですから、量産車への搭載も近いでしょう。

「性能面に問題はないので、あとはお金と時間の問題をクリアすれば」だそうですから、車への参入のうわさのあるAppleと「Shimizu In wheel Motor」とが組めば、「死の谷」を超えて、デザインの自由さから新しい車が現実ものとなるのではと思うのは私だけでしょうか。

2016/09/23

関西EV・PHV写真コンテスト締切迫る

リンク: 関西広域連合「第6回EV・PHV写真コンテスト」について|関西広域連合.

関西広域連合で実施している「第6回EV・PHV・FCV写真コンテスト」の締切が9月30日にせまっています。

関西広域連合広域環境保全局(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市)が、温室効果ガスの排出削減、観光事業と連携した電気自動車等の普及促進に広域で取り組む一つとして企画しているそうですが、滋賀県を見ても最終更新日が2015年11月27日の「滋賀県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンについて」ぐらいしか情報はありませんから、取組を広く・積極的に進めてほしいものです。

  • 募集テーマ  あなたの街のEV・PHV・FCVが似合う風景
  • 関西広域連合広域環境保全局及び共催県の地域内(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、鳥取県の各府県内)で、EV・PHV・FCVが写っている街や観光地の風景写真を募集
  • 募集期間  平成28年7月1日(金)~平成28年9月30日(金)
  • 賞  最優秀賞(1点)    賞状・旅行券5万円

    優秀賞(2点)        賞状・旅行券2万円
    入選(10点程度) 賞状
            協賛企業賞    賞状・副賞

  • 送付先・問い合わせ先 ※送付は郵送のみ受付

関西広域連合広域環境保全局 電気自動車普及促進事業・観光連携事業WG
       (京都府環境部地球温暖化対策課)
      〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
      電話:075-414-4830 FAX:075-414-4705 e-mail:tikyu@pref.kyoto.lg.jp

2016/09/17

イベント情報

この秋に、電気自動車に関わるイベントがあちこちであります。

リンク: 燃料電池自動車(FCV)の普及啓発活動 イベント情報等 - 神奈川県ホームページ.

リンク: 究極のエコカーが勢ぞろい!試乗イベント.

日時:9月22日(木)10:00〜16:00

場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場

内容:試乗(トヨタMIRAI、日産リーフ、BMW i3、BMW 330e、Audi A3 Sportback e-tronなど)、展示会(FCV(燃料電池自動車)、EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッド自動車)など)

入場:無料


リンク: EVEX 国内唯一のEV・PHVに特化したビジネストレードショー EV・PHV普及活用技術展2016.

以下の日程で、「EVEX EV・PHV普及活用技術展2016」が開催されるそうです。ホームページには、「本格普及に向けて再加速」とありますが、外国メーカーはまだしも国内メーカーの動向を見ていると「再加速」するか疑心暗鬼です。もちろん、普及してほしいのですが。

日時:2016年9月28日(水)〜9月30日(金)

場所:東京ビックサイト 東ホール

入場:事前登録

リンク: EVEX EV・PHV普及活用技術展2016 in 東京ビックサイト_今後のイベント情報_EV,PHV,FCV等のCEVと充電設備の補助金交付を行う次世代自動車振興センター.

セミナー 経済産業省/国土交通省の次世代自動車普及取組について

日時:2016年9月29日(木)13:00~13:45

場所:東京ビックサイト 東3ホール 3-④


リンク: 日産自動車とオーテックジャパン「国際福祉機器展H.C.R.2016」に9台出展 - 日産自動車ニュースルーム.

リンク: 展示会情報 - 国際福祉機器展.(H.C.R. 2016)

こちらには、送迎タイプのe-NV200が出展されるそうです。

日時 :10月12日(水)~10月14日(金) 10:00~17:00

場所 : 東京ビッグサイト 

入場料 : 無料(入場者登録制

2016/09/11

四国EVラリー2016 in あわじ

リンク: 四国EVラリー2016 in あわじ.

「四国EVラリー2016 in あわじ」が、以下の予定でおこなわれるそうです。出場する車を見ると、BMW i3から改造電気自動車、電動自動二輪、電動自転車まで、バラエティ豊かですから、見ていても楽しむことができそうです。

  1. 日時:9月17日(土)10時〜、18日(日)7時〜
  2. 場所:淡路島内
  3. 主会場:「Amaz技術コンサルティング合同会社」(洲本市五色町鳥飼浦)
  4. コース図(PDF)

2016/06/09

『JAPAN EV RALLY 2016』

リンク: JEVC rally2016 |.

日本EVクラブでは、7月16日から18日にかけて白馬〜乗鞍〜高山で行われる『JAPAN EV RALLY 2016』の申込を受付けています。
参加クラスは以下の3つです。
  1. 「白馬パレードクラス」・・・白馬に集まりパレード
  2. 「エキスパートクラス」・・・白馬から高山へ走る
  3. 「ファミリークラス」・・・岐阜県側から乗鞍に集まる

参加費

日本EVクラブ会員:5,000円(1台) 
非会員:6,000円(1台)

参加申し込みはこちらで締切は2016年6月30日となっています。

なお、日本とヨーロッパ・アメリカのEV&PHEVに試乗することができる「最新EV・PHEVモーターショー IN 高山」が、以下の日程で同時開催されています。こちらは申込不要・入場無料です。

日時/2016年 7月18日(月・祝) 10:00〜16:00

会場/飛騨・世界生活文化センター

2016/05/07

中国・海外メーカーの台頭?

リンク: 電気自動車(EV)で日本の自動車メーカーが中国メーカーに負ける日が近い!? 【オートックワン】.(2016/05/03)    

カリフォルニア州のZEV法(ゼロ・エミッション・ヴィークル規制法)の中国版・NEV法(ニュー・エネルギー・ヴィークル規制法)によって、中国は電気自動車の普及に本気で乗り出すのではないか、様子見の日本は大丈夫かという記事です。

実際に、北京モーターショーの会場内は、「EVのオンパレード」だったそうです。また、世界を見渡してみると、ボルボは、「2025年までに電動化車両を100万台販売」を計画.(2016/05/01)しているそうです。ドイツ政府は、「2020年までに電気自動車の普及台数を現行の5万台から450万台に引き上げることを計画」していることから、電気自動車普及促進のため10億ユーロの補助金.を計上しているそうです。これに合わせるように、フォルクスワーゲン(VW)は、2020年までに電気自動車を20車種投入する計画を表明しているとしています。

VW:EV開発に軸足…20年までに20車種投入 - 毎日新聞.(2016/04/28)

日本はというと、電気自動車の価格そのものが下がってこない中で、クリーンエネルギー自動車補助金の申請受付開始.(2016/04/20)のコメントに書いたように1台あたりの補助金は減るばかりですし、日本で最初の量販車を販売した三菱は不祥事でつまずいていますから、記事にあるように中国ばかりか他の国のメーカーにも先を越されるかもしれません。

【ビデオ】テスラのイーロン・マスクCEO、次のモデルは「ほぼ全ての人に手が届く価格になる」と発言 - Autoblog 日本版.(2016/05/01)

フォード、長距離走行の電気自動車を開発、テスラやシボレーに対抗 : エコカー : Auto World News日本版.(2016/05/02)

2016/03/31

北海道仕様の電気自動車

リンク: 雪国EV商品化へ発進 中小8社タッグ : 北海道発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE).

北海道内の中小企業8社により完成した、寒冷地仕様の電気自動車「Neicle(ネイクル)」を紹介しています。「Neicle」は、「コムス(トヨタ車体)」をベースとしており、コムスにはキャンバス地のドアしかありませんが、きちんとしたドアがあるようですし、雪道に対応した「四駆化」も実現しているそうです。その他にも暖房対策も施されているようですから、電気自動車ニュース: 寒冷地向け電気自動車試作.(2015/03/10)にも書いたように、このような雪道対策・暖房効率を上げる研究は、北海道だけでなく北陸地方など寒冷地向けの仕様に大いに参考となるのではないでしょうか。