電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

モーター・タイヤ Feed

2016/11/03

日産「NOTE」 e-POWER

リンク: 日産自動車、100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「e-POWER」を「NOTE」に初搭載 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

日産は、ガソリンエンジンで発電した電気でモーターを動かす「e-POWER」を搭載したコンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売したと告知しています。ガソリンエンジンは発電のみに特化したもので、「シリーズ式ハイブリット」といわれるものです。

この件に関して、登録者に配信された日産メールマガジンには、「電気自動車の全く新しいカタチ」と題して、「ガソリンエンジン車の感覚で、電気自動車を楽しめます」「電気自動車だから得られる、モーターの走り」とありましたが、「NOTE e-POWER」を「電気自動車」と断言されると、「電気自動車ニュース」としては違和感があります。

「新しいクルマのカタチ」には違いありませんが、トップのリンク先Webページの方には、「NOTE e-POWER」を「電気自動車」とは書いていません。(EVとはありますが)「NOTE e-POWER」を「100%モーター駆動」と表現し、「日産リーフ」は「100%電気自動車」と明確に区別し、「100%電気自動車『同様』の走りの楽しさを実感いただけます」と書いてあるあたりが当を得ているでしょう。

「モーターで走るからとても静か」ともありますが、ガソリンエンジンは排気量1.198Lのものを載せていますから、当然ながらエンジン音はするはずで、最適な回転数に制御されることにより、どれくらい低音化され遮音されているか興味がわくところです。

82_dl0000625580

(引用:日産サイト

普段このブログは、1日平均約900カウント増える(来訪者)のですが、11月2日は1500カウント近くになりました。「NOTE e-POWER」の発売によって、「電気自動車」を検索されたのかもしれません。何はともかく電動車の裾野が広がることは、うれしいことです。

「ノート:諸元表」(PDF:80KB)

リチウムイオン電池容量:1.47kWh(※修正

《e-POWER S》
燃費:37.2km/L
計算上走行距離:1302km(タンク容量:35L)
希望小売価格:1,772,280円

《e-POWER X、MEDALIST》 
燃費:34.0km/L
計算上走行距離:1394km(タンク容量:41L)

リンク: 電気自動車ニュース: 日産、ハイブリッド車?を発売.(2016/09/05)

リンク: 日産グローバル本社ギャラリーで、100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「NOTE e-POWER」の展示イベントを開催 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

リンク: 「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を追加 あわせて一部仕様向上を実施 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

リンク: 日産の電動化戦略は「EV」、e-POWERは手段に過ぎない - 日経テクノロジーオンライン.(2016/11/02)

「e-POWERで、EVの静粛性や発進加速の楽しさを体験してもらい、次にEVに乗り換えてもらう」

483f83ac6122e38b6258b8eab9324d21a6

(引用:日産サイト

2016/10/09

使われていなかった熱を暖房へ

リンク: 廃熱を暖房に活用 ボッシュ、EV航続距離25%向上へ  :日本経済新聞.(2016/10/06)

電気自動車の欠点の一つに暖房を使用したとき、走ることのできる距離が短くなってしまうことがあります。これは、一般的な車のように熱くなるエンジン熱を利用できないためで、走行に使用するはずの電気を熱に換えて、暖房に利用するためです。

そこで、ボッシュは、今まで利用されていなかった駆動用モーターやインバーター、車載充電器といったパワートレーン側の廃熱もヒートポンプシステムに取り入れて暖房に活用し、航続距離を延ばそうとしているという記事です。

私の乗るアイミーブMグレードでは、電池に冷却装置が付いていないことから、高速道路などで電池に負荷をかけると、電池の温度が上がってしまい、次の充電時に電気の受け入れが悪くなり、いつもより充電に時間がかかってしまうということがあります。

ボッシュのようなシステムを入れるとこのようなことも軽減され、暖房の効率化と充電時間の短縮という両方を得ることができる一石二鳥なのでしょうが、そのコストがどれだけ下げられるかも大きな問題となるのでしょう。

大容量の電池が普通になれば、このようなシステムはあまり評価されなくなるかもしれませんが・・・。

2016/09/05

日産、ハイブリッド車?を発売

リンク: 日産、小型車で最高燃費 1リットル40キロに迫る  :日本経済新聞.(2016/09/04)

日産は、11月に「ノート」の「ハイブリッド車」を発売すると報じています。

しかし、エンジンは発電のみに使われ、その電気はモーターを回すために使うとも書いていますから、この車は「ハイブリッド車」というよりも、「レンジ・エクステンダー」装備車「シリーズ式ハイブリット」といわれるもので、電気自動車に近いものでしょう。以前、 日産 エンジンを備えたEVを発売.(2015/12/20)と書いています。(コメントいただいて修正しています。「シリーズ式ハイブリット」と「レンジ・エクステンダー」との明確な分類基準はないようですが、ここでは、レンジ・エクステンダーは、大容量バッテリーが搭載され、発電専用の小型エンジンが搭載されているものとします)

エンジンで発電分、電池容量を減らして価格を下げているのでしょう。価格は「ガソリン車並みの200万円前後」と書いていますから、どのような仕様か気になるところです。BMWの電気自動車 i3にあるレンジ・エクステンダーのグレードとの比較も面白いでしょう。

リンク: 日産ノート新型モデルチェンジ情報|レンジエクステンダーEVで登場!.(2016/07/16)

2016/08/31

また「不正」?

リンク: 現行販売車9車種についての新燃費値申請とお客様への損害賠償について.

(2016/08/30)

リンク: 現行販売車種の一部年式・型式の新燃費値の申請に伴う損害賠償の詳細.(2016/08/30)

国土交通省による確認試験の結果、三菱が現在生産・販売を行っている『アウトランダーPHEV』、『ミラージュ』、『デリカD:5』、『パジェロ(ガソリン車)』、『RVR』、『i-MiEV(Xグレード)』、『ミニキャブ・ミーブ トラック』は、届出燃費値を下回っていたので、、新燃費値を国土交通省へ申請するとともに、損害賠償金を支払うとしています。また、これにともなって、これらの車の販売を約2週間停止するそうです。

ちなみに『アウトランダーPHEV』、『i-MiEV(Xグレード)』、『ミニキャブ・ミーブ トラック』は、賠償金3万円だそうですが、過去保有の使用者は、使用年数毎に賠償「賠償金÷10年×使用年数」を行うなど金額の算出は難しくなりそうです。

リンク: 『eKワゴン/eKカスタム』 『eKスペース』 お支払い金の申請 専用ウェブサイト.

なお、今回の現行販売車9車種より過去に販売した車種、たとえば『i-MiEV(Gグレード)』については、「新車状態での正しい燃費測定が事実上不可能であるため、今後、関係各省庁ともご相談し、誠実に対応を検討」となっています。ですから、Gグレードでも賠償されるかもしれません。

リンク: 三菱自、不正の検証作業でまた「不正」:日経ビジネスオンライン.(2016/08/31)

2016/08/26

ホンダ モーター生産で布石?

リンク: 東京新聞:モーター生産加速 ホンダがHV販売戦略:経済(TOKYO Web).(2016/08/24)

ホンダは、ハイブリッド車(HV)用モーターの生産体制を強化した浜松市と三重県鈴鹿市の両工場を報道関係者に公開したという記事です。気になったカ所は以下です。

HV、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)などモーターを使った車の世界販売台数に占める割合を、昨年の5%から、二〇三〇年には三分の二まで増やす計画

HV用モーター設備を増強するが、将来PHV、EVのモーター製造にも転用できる

リンク: ホンダ、電気モーター生産能力を3倍に 電動車両拡充へ:朝日新聞デジタル.(2016/08/23)

プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)向けのモーターの生産増強も今後、必要になる

フィットEVアコードPHVもすでに生産を終了していますが、将来に向けての布石を打っていると思い期待しています。

リンク: 電気自動車ニュース: オデッセイハイブリッドってEV?.(2016/04/09)

2016/07/09

JC08モードを越えた! EVトラック

三菱の燃費不正問題は、一部車種についてのみ補償をおこなうことで収束しそうです。その不正の中に入っていた電気自動車は、「不適切ではあったが、違法までとはいえない」という感じでお茶をにごされてしまいました。「燃費を良く見せる」必要のない電気自動車.(2016/06/18)に書いたように、もともとは「燃費を良く見せる」必要がない電気自動車ですが、「不正」と肩書きがついたからには心穏やかではありません。そこで、一充電で何キロ走ることができるかの私的耐久走行テストをやってみました。

うちには、アイミーブ(i-MiEV)Mグレードとミニキャブミーブ・トラックの2台がありますが、アイミーブはいろいろな走行実例が出ていますので、今回は今年4月に8000キロ弱の走行距離で購入したミニキャブミーブ・トラックで試しました。(ミニキャブミーブ・トラック.2016/04/24)「電池残存率」は101.5%です。(2015年12月23日の測定結果)

P1110585

一周約4.4km、標高差約6m(Google Earth)の道をコースに設定し、ひたすら回りました。この間、3カ所一時停止の場所があり、直線での速度は時速50km前後で走りました。

車内温度は約30度ありましたが、空気抵抗を増やさないために窓はほぼ閉め切って走りましたし、電費を稼ぐためにエアコンは使用していません。また、タイヤなど装備はすべて購入したまま標準のもので、速度を一定に保つオートドライブなどはついていません。ただし、荷台には、厚さ4mmのゴムマットを敷いていますので、その分で16kg重くなっています。この日は時々小雨が降っていましたが、ほぼ風はありませんでした。

セレクターレバーは、航続可能距離を延ばすためにはECOポジションが推奨されていますが、ブレーキをあまり使わず回生ブレーキで電気を取り戻すために、Bポジション固定で走りました。

満充電時点で航続可能距離は、以下のように117kmと出ていました。ミニキャブミーブ・トラックは、JC08モードで110kmとなっていますから、最初の目標は100km走ることでした。

P1130479

運転は、普通?に走りました。アクセルをゆっくり踏む、減速は一時停止場所の前からブレーキを踏まない程度に速度を調節するくらいで特別?なことはしていません。田舎道ですから、時速50kmで走っていても後続車はまれですし、あおられることもありませんでした。(電気自動車でエコドライブをする方法は、電気自動車でエコドライブ | EVsmartブログ.(2016/07/08)にもあります)

一充電走行距離テストの結果は、ご覧の通りです。

P1130493

燃費マネージャー」のようにバッテリ残量数値を示すものがないので残りの電気を推測してしか走ることができず、最後は電欠まで走る覚悟でした。しかし、走行距離約102kmで亀マークが出た後、ミニキャブミーブ・トラックと同じ電池を積むアイミーブMグレードでの経験から、あと少なくとも10kmは走ることができると予想し走り続けたところ、なんと『112.9km』まで距離を延ばすことができました。当初の予定の100kmはおろかJC08モードでの110kmも越えてしまいました。まだもう少しは走ることが出来そうで、満充電時点での航続可能距離117kmを目指しても良かったのですが、JC08モード越えたことと電欠の不安も大きいので、ここまでにしておきました。

JC08モードは定められた試験条件での値ですから、普通は素人の運転で越えることはまずないのでしょうが、特別なことをすることなく越えてしまうところが電気自動車のすごいところです。「燃費を良く見せる」必要のない電気自動車は間違いないようです。

こういう車なのに、売り上げが伸びずに製造中止に追い込まれるとはさびしいことです。日産ブランドで仕切り直さないでしょうか。

(補足)

耐久走行テスト後に自宅で普通充電をした翌日は、満充電時、以下のような航続可能距離表示でした。128kmは、ミニキャブミーブ・トラックでは初めて見た数字です。(上の走行条件に書いたように下り坂のみを走った後の数字ではありません)

0709ev

2016/06/18

「燃費を良く見せる」必要のない電気自動車

リンク: 当社製車両の燃費試験における不正行為に係わる国土交通省への報告についてS.(2016/06/17)

三菱製車両の燃費試験における不正行為に関し、「過去に販売した車種に関する調査」と、再発防止策についての国交省へ追加提出した報告書の概略を発表しています。

この報告には書いてありませんが、以下の記事には、燃費を良く見せるため意図的にデータを改ざんしていた9車種に対して、燃料代の差額などを賠償するとあります。

この中にアイミーブなどは入っていません。どこかで聞いたフレーズですが、以下の9車種以外は「不適切ではあったが、違法までとはいえない」という感じでしょうか。もともと電気自動車は「燃費を良く見せる」必要はありません。

リンク: 三菱自、軽4車種に1台10万円賠償 軽以外の5車種も3万円  :日本経済新聞.(2016/06/17)

10万円・・・三菱の「eKワゴン」「eKスペース」、日産「デイズ」「デイズルークス」の4車種

3万円・・・「パジェロ」、「RVR」、「旧型アウトランダー」、「コルト」系、「ギャランフォルティス」系の5車種

同じく不正をはたらいたフォルクスワーゲンは、「2025年までに電気自動車を30モデル以上投入し、世界販売台数の25%に相当する年300万台を電気自動車が占めるようにする」という方針のようです。三菱にもこれを機に電気自動車を中心に据えた戦略を立ててほしいものです。

 独フォルクスワーゲン、全面的な戦略見直し-電気自動車などに注力へ - Bloomberg.(2016/06/16)

2016/02/29

「オデッセイ」のEVモード

リンク: 高出力モーターで走りを一新、「オデッセイ」の2モーターハイブリッド - クルマ - 日経テクノロジーオンライン.

ホンダ「オデッセイ」のハイブリッド車の紹介記事です。ハイブリッドシステムは、「アコード」で採用されている2モーター方式だそうですが、下のようにモーターだけで走る「EVモード」も備えてありますから、リチウムイオン電池の容量は1.3kWとわずかながらももう少しで電気自動車です。

Hybrid_img_04

(画像:ホンダサイトより)

2016/02/26

三菱 i-MiEVなどの2016年1月度 販売実績

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.

アウトランダーPHEV以外は全国軽自動車協会連合会にの「軽四輪車通称名別新車販売確報」よる)

他のメーカーや三菱でもガソリン車の販売数は、前月比で持ち直してきているにもかかわらず、『アウトランダーPHEV』以外は変わりありません。

MINICAB-MiEV TRUCKは、3月で製造中止となりますが、残すところ2ヶ月で2015年度に100台を達成しました。今までの販売総数は、946台ですから、この分では大台の1000台を越えることは難しいかもしれません。MINICAB-MiEV TRUCKは、4輪駆動ではないけれども、モーターの力強さと電池の重量から3輪駆動ぐらいではありましたから、メンテナンスコストが安い「良い車」の製造中止は残念なことです。

また、ガソリン安を反映して、ガソリン車の『アウトランダー』が12月の233台から1月には365台へと増えていますし、前年度比では12月に324パーセント、1月には348パーセントと大きく数字を延ばしています。

ガソリン車の『アウトランダー』Gグレードは約252万円からですが、『アウトランダーPHEV』はMグレードでも約360万円からと108万円もの差がありますです。『アウトランダーPHEV』には、クリーンエネルギー補助金が29万円(上限)でたり、取得税が免税になるなどエコカー減税の恩恵があったりして、その差が約38万円縮まるとしても約70万円の差は、購入者にとって魅力的ですし、ガソリンが1Lで100円近くになってきた現在は、電気代との差額でうめることは難しいかもしれません。

1

2009年11月から2015年12月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

i-MiEV (上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)

MINICAB-MiEV (赤色)

アウトランダーPHEV(緑色)

MINICAB-MiEV TRUCK(紫色)

  アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック
国内販売総数 10410 6084 31469 946

↓2015年度合計

440 344 9568 100
03月
02月
01月 31 23 801 6
12月 35 21 518 11
11月 23 27 814 8
10月 21 26 1145 4
09月 73 57 1896 15
08月 68 44 1313 9
07月 73 32 2383 9
06月 59 51 221 19
05月 38 45 289 14
04月 19 18 188 5
アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2014年度合計

824 781 8629 181
03月 60 44 796 22
02月 82 52 603 25
01月 84 84 830 20
12月 70 57 608 22
11月 92 76 558 22
10月 102 93 538 18
09月 97 110 1450 6
08月 51 87 457 10
07月 102 124 700 4
06月 41 17 1300 14
05月 25 12 563 10
04月 18 25 226 8
アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2013年度合計

1099 1006 8968 181
03月 130 124 736 30
02月 238 98 1630 16
01月 55 42 1298 17
12月 82 59 1488 9
11月 66 92 1705 9
10月 75 93 560 15
09月 95 137 772 21
08月 54 71 776 9
07月 68 93 - 14
06月 70 79 - 9
05月 62 71 - 7
04月 100 71 3 25
アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2012年度合計

2205 2026 4304 436
03月 358 344 1719 269
02月 377 317 2079 167
01月 79 58 506 48
12月 137 121
11月 189 133
10月 141 128
09月 212 197
08月 86 107
07月 157 200
06月 288 256
05月 142 134
04月 39 31
アイ・M ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552 1927 三菱自発表,2012年3月国内外の累計数:26000
03月 117 123
02月 446 590    
01月 341 467    
12月 359 747    
11月 326 MINICAB-MiEV12月販売     
10月 244      
09月 340      
08月 207      
07月 61 Mグレード販売  
06月 40    
05月 34    
04月 37    
アイ・M    

↓2010年度合計

2542    
03月 102 震災    
02月 321      
01月 219      
12月 164      
11月 172      
10月 179      
09月 277      
08月 221      
07月 383      
06月 390      
05月 53      
04月 61 個人販売    
アイ・M      

↓2009年度合計

748      
03月 101
02月 151
01月 188
12月 145
11月 163

(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日から法人販売)

鴻海(ホンハイ)がシャープで作る電気自動車

リンク: 鴻海テリー・ゴウが描くシャープの「使い道」 (3ページ目):日経ビジネスオンライン.

シャープ買収に動く鴻海は、同社がiPhoneを作っているようにテスラの電気自動車を作る日が来るかもしれないという記事です。

以前に自動車メーカー パナソニック?.(2013/12/30)を書いたことがありましたが、「自動車メーカー・シャープ」も近い将来に現実のものとなるかもしれません。

また、ホンダも以下のように2030年をめどに販売数の3分の2をPHVとHV、FCV、電気自動車などの電動車へシフトすると宣言していますが、案外ガソリン車という外堀は早くに埋まり、日経に書いているように電動化の波はもっと早くやってくるかもしれません。

リンク: ホンダ、2030年メドに電動車を3分の2に:日経ビジネスオンライン.(2016/02/25)

リンク: 未来のクルマ、電気自動車に軍配 元GM幹部  :日本経済新聞.(2016/02/25)

「2025年以降は軽量の自動車を設計する際、電気自動車や燃料電池車が最善の方法となるだろう」

リンク: ダイムラーのディーター・ツェッチェCEO、「水素燃料電池自動車よりも電気自動車の方が有望」と語る - Autoblog 日本版.(2016/02/25)