電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

日産 Feed

2016/11/30

三菱 ちぐはぐ?

リンク: 三菱自、EV充電拠点の検索アプリ  :日本経済新聞.(2016/11/28)

三菱自動車は、充電器がある場所をスマートフォンで検索できるアプリを2017年度にも提供すると報じています。
今でも充電スポットを簡単に検索できるアプリは以下のようにあります。
検索できるアプリ: 

記事には、「最新の拠点情報が自動で更新」とありますが、アプリでも日々更新されていますし、「EVの普及には充電の利便性がカギ」と書いてもいますが、すでにiOSやアンドロイドOSに対応したアプリが存在するということはそれだけ需要があるということですから、何を今さら?という感じです。ただし、「車のナビゲーション機器と連動」「アンドロイドオートに対応」 と書いていますから、そこは新たな取り組みなのかもしれません。(ところが、カーナビをつける必要がないくらい、アプリは進化していますが)

「電動車両の普及」に結びつけるためには、何よりも電気自動車そのものを魅力あるものに、買いたくなるものに仕上げる必要があると思うのですが、Blog|EVオーナーが語る現実派サイト|EVオーナーズクラブ.(2016/11/26)の情報によると、アイミーブはマイナーチェンジされて17型として出てくるそうです。その価格が?で、Xグレード(16kWh)は旧15型の2,628,000円(税抜)から値上がりして265万円だそうですし、国の補助金を引いても2,474,000円だそうです。

 ちなみに、日産リーフS(24kWh)は、補助金が出た後で2,332,000円ですから、3ナンバーの車が軽よりも安という状態になっています。いくら使い勝手が良い軽自動車とはいえ、いくら生産台数が一月に一桁というとても量産車とはいえない状態であっても、消費者はまず価格に注目が行くのですから、その価格設定に?です。(それでもマイナーチェンジするのは、次の軽電気自動車が控えていると期待はしています)

トヨタや日産でも無理?若者向けに安くて楽しいクルマは作れないのか 【オートックワン】.(2016/11/25)の記事の中には、「現在よくいわれる“若者のクルマ離れ”は、“若者のクルマ購入離れ”である」とありました。求める価値は多様化していますから、だれにも受け入れられる「車」は難しいでしょうが、「若者が購入したいと思えるクルマ」の一つに入れるような「電気自動車」を期待しています。
案外、パナソニックの電気自動車(2016/11/29)あたりで「購入」ではない「シェア」というところに答えがあるのかもしれません。

2016/11/20

電気自動車プレゼント

リンク: 九州日産株式会社|ノートe-power発売記念 電気自動車プレゼントキャンペーン.

九州日産では、ノートe-powerの発売を記念して、九州・沖縄在住者限定ですが、「NOTE e-POWER」か「リーフ」、「e-NV200」が各1台プレゼントされるキャンペーンを行っているそうです。

NOTE e-POWER」の販売にかける意気込みが伝わってくる企画です。

ただし、ご愛敬は、応募欄の連絡先を書くところで、都道府県名は北海道をはじめ全国の県名を選ぶことができます。既存のフォームを流用したためにおこったチェックミスでしょう。応募資格のあるのは、九州・沖縄に住んでいる人だけですのでご注意ください。


(コメント欄で教えていただきました)

こちらは、全国規模のプレゼントです。

リンク: 日産|電気自動車のまったく新しいカタチ。 NOTE e-POWER登場プレゼントキャンペーン.

2016/11/19

「NOTE e-POWER」に試乗

乗ってもいないのに批判的なことを書くのもどうかと思い、「NOTE e-POWER」に試乗してきました。

日産メールマガジンには、「電気自動車だから得られる、モーターの走り」とありましたから、試乗の途中でアクセルをベタ踏みしてみましたが、確かに加速感は十分ありました。しかし、一番効率の良いところで一定回転させるはずのエンジンも、加速とともに音は大きくなっていきました。なんでもスピードアップしているのにエンジン音が変わらないのでは、ガソリン車からの移行者には違和感があると改良されたそうです。それは「電気自動車」への移行を意図しているのであれば、違和感のある音でした。電気自動車に乗り慣れているから余計にそう感じたのかもしれません。

普通に走行しているときのエンジン音は、確かにガソリン車よりは「静か」でした。しかし、電気自動車乗りとしては、普段エンジン音を聞き慣れていないので、少しの音でも気になりました。音に気づいたのは、試乗した間、結構な確率でエンジンが始動していたからで、ハイブリッドカーに比べてエンジンが稼働する時間は大幅に減るとの話でしたが、電池容量の少なさが影響して動いてしまうようです。朝一番に試乗したからか、試乗の機会が多い車なので電池が減っていたのか、車のスイッチを入れたとたんに、すでにエンジンは発電のために始動していました。(加筆:そういう仕様のようです

ちなみに搭載されている電池は、パナソニック製だそうです。

電気自動車の航続距離の短さや高い車両価格に戸惑う人とっては良い車でしょうし、電気自動車への入門車としてはわからなくはないですが、電気自動車に乗り慣れてしまうと戻れない車だとも感じました。

リンク: 電気自動車ニュース: 日産「NOTE」 e-POWER.(2016/11/03)

リンク: 電気自動車ニュース: 2017年ヒット予測、8位は.(2016/11/14)

2016/11/14

2017年ヒット予測、8位は

リンク: 2017年ヒット予測、1位は「ノールックAI家電」 (4ページ目):日経ビジネスオンライン.(2016/11/12)

博報堂の「2017年ヒット予想」ランキング(2016/10/30)に続いて、日経ビジネスオンラインも「2017年ヒット予測」を発表していました。

そこには電気自動車はなくて、8位に「なんちゃって電気自動車」の「シリーズ・ハイブリッドEV」日産「NOTE」 e-POWER.(2016/11/03)が選ばれていました。航続距離は長いですし、始めてモーター駆動の車に試乗する人には驚きが演出できるでしょうから、それなりに売れるとは思いますが、なんとなくヒットとまでは難しいのではと思います。

いくつかの記事を見ていると、アクセルワークだけで速度をコントロールすることができ、ブレーキを踏む負担がなくなると、さかんに持ち上げていますが、BMW i3ではすでに2014年の発売時から、ブレーキを踏まなくても止まることが出来るくらいの回生の強さを備えていました。ですから、どの記事にも一言もBMW i3は出てきませんが、「NOTE」 e-POWERのは二番煎じではあります。(加筆:テスラの車は、i3以前2012年に導入していたとの指摘もありますから、そうなると三番煎じです)

リンク: 電気自動車ニュース: BMW i3に試乗.(2014/03/23)

2016/11/11

電気自動車の需要

リンク: 日産、中国市場に80万円の電気自動車投入へ 2年以内目指す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.(2016/11/09)

ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーンは、約80万円の新型電気自動車を、2年以内に中国市場に投入することを目指すと発表したと伝えています。

中国でもHVを今後は除外するなどCO2の排ガス規制がより厳しくなり、電気自動車へは補助金が多いことから需要が「爆発的」に増えていることや、いくら電池が安くなってきているとはいえ、大胆な価格設定です。

この量産計画が、日本での軽電気自動車と結び付くことを願っています。

リンク: 電気自動車ニュース: 軽EV、2017年発売.(2014/12/25)

リンク: ルノー、中国で政府の補助金を受ければ80万円程度で買える電気自動車の販売を計画 - Autoblog 日本版.(2016/11/10)


リンク: 薄い黒鉛シートを開発 大津の材料メーカー:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web).(2016/11/10)

ローカルニュースにこのような記事が載っていました。

電極に黒鉛が使われているリチウムイオン電池を、大型化しなくても容量を増やすことができるように、黒鉛を安く薄くしたシートを開発したそうです。

「伸長するハイブリッド車や電気自動車(EV)は、エンジン系をはじめ部品が少なくなるため、部品メーカーは対応が急務になっている」とも書いていますから、想像以上に需要が掘り起こされ、ヒット予想はもしかして当たるかもしれません。

リンク: 電気自動車ニュース: 「2017年ヒット予想」ランキング.(2016/10/30)

2016/11/07

鳥取砂丘 次世代自動車フェスティバル

リンク: 日本EVクラブ – 鳥取砂丘 次世代自動車フェスティバル.(2016/11/02)

日本EVクラブでは、以下の予定で、「鳥取砂丘 次世代自動車フェスティバル」を開催すると告知しています。

試乗車に発売直前のトヨタ「プリウスPHV」が、なぜないのでしょうか。よい宣伝機会でしょうに。

日時:2016年12月3日(土) 10:00〜16:00
場所:鳥取砂丘駐車場(鳥取県鳥取市福部町湯山)

鳥取砂丘ジオパークセンター前(Google MAP)

参加申込:鳥取県ウェブサイト「申込フォーム」

申込締切:2016年11月15日(火)20:00

『鳥取砂丘 次世代自動車セミナー・試乗会』

試乗車(予定)
<国内メーカー車>
リーフ(日産)
アウトランダーPHEV(三菱)
アコードPHV(ホンダ)
<海外メーカー車>
A3 e-tron(アウディ)
i3(BMW)
225XE(BMW)
ゴルフGTE(フォルクスワーゲン)
パサートGTE(フォルクスワーゲン)

『鳥取砂丘 次世代自動車セミナー』

●次世代車トーク『EVビジネスと地域振興(仮)』
●国内自動車メーカー開発担当者などからのプレゼンテーション

リンク: 鳥取砂丘次世代自動車フェスティバル_今後のイベント情報_EV,PHV,FCV等のCEVと充電設備の補助金交付を行う次世代自動車振興センター.

2016/11/03

日産「NOTE」 e-POWER

リンク: 日産自動車、100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「e-POWER」を「NOTE」に初搭載 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

日産は、ガソリンエンジンで発電した電気でモーターを動かす「e-POWER」を搭載したコンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売したと告知しています。ガソリンエンジンは発電のみに特化したもので、「シリーズ式ハイブリット」といわれるものです。

この件に関して、登録者に配信された日産メールマガジンには、「電気自動車の全く新しいカタチ」と題して、「ガソリンエンジン車の感覚で、電気自動車を楽しめます」「電気自動車だから得られる、モーターの走り」とありましたが、「NOTE e-POWER」を「電気自動車」と断言されると、「電気自動車ニュース」としては違和感があります。

「新しいクルマのカタチ」には違いありませんが、トップのリンク先Webページの方には、「NOTE e-POWER」を「電気自動車」とは書いていません。(EVとはありますが)「NOTE e-POWER」を「100%モーター駆動」と表現し、「日産リーフ」は「100%電気自動車」と明確に区別し、「100%電気自動車『同様』の走りの楽しさを実感いただけます」と書いてあるあたりが当を得ているでしょう。

「モーターで走るからとても静か」ともありますが、ガソリンエンジンは排気量1.198Lのものを載せていますから、当然ながらエンジン音はするはずで、最適な回転数に制御されることにより、どれくらい低音化され遮音されているか興味がわくところです。

82_dl0000625580

(引用:日産サイト

普段このブログは、1日平均約900カウント増える(来訪者)のですが、11月2日は1500カウント近くになりました。「NOTE e-POWER」の発売によって、「電気自動車」を検索されたのかもしれません。何はともかく電動車の裾野が広がることは、うれしいことです。

「ノート:諸元表」(PDF:80KB)

リチウムイオン電池容量:1.47kWh(※修正

《e-POWER S》
燃費:37.2km/L
計算上走行距離:1302km(タンク容量:35L)
希望小売価格:1,772,280円

《e-POWER X、MEDALIST》 
燃費:34.0km/L
計算上走行距離:1394km(タンク容量:41L)

リンク: 電気自動車ニュース: 日産、ハイブリッド車?を発売.(2016/09/05)

リンク: 日産グローバル本社ギャラリーで、100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「NOTE e-POWER」の展示イベントを開催 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

リンク: 「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を追加 あわせて一部仕様向上を実施 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

リンク: 日産の電動化戦略は「EV」、e-POWERは手段に過ぎない - 日経テクノロジーオンライン.(2016/11/02)

「e-POWERで、EVの静粛性や発進加速の楽しさを体験してもらい、次にEVに乗り換えてもらう」

483f83ac6122e38b6258b8eab9324d21a6

(引用:日産サイト

2016/10/30

「2017年ヒット予想」ランキング

リンク: 博報堂「2017年ヒット予想」ランキング.pdf(2016/10/28)

リンク: 博報堂生活総合研究所 生活者が選ぶ “2017年 ヒット予想” &“2016年 ヒット商品”ランキングを発表 | ニュースリリース | NEWS | 博報堂 HAKUHODO Inc..

今話題の「電通」ではなく、博報堂が、生活者が選ぶ「2017年ヒット予想」を発表していました。

その中で「電気自動車」は何と7位です。今話題の「仮想現実(VR)」よりも上です。

このランキングは、2016年に注目されたと思われる商品など約400事例の中から事前調査などで80項目に絞り込み、その中からアンケートをとり、順位を作っているそうです。ですから、まず80項目に残らなければならないのですが、「電気自動車」の現実の販売台数からは、あまり注目されているようにも思えません。しかし、1位に「自動運転システム搭載車」が入っていることから、テスラなどから派生して「電気自動車」が残ったのかもしれません。

残ったとしても、アンケートに記入しなければ、80位もあり得るわけですが、結果は一桁の7位です。個人的にはどう考えても話題に上っているようには思えないのですが、今年2016年のヒット商品ランキングを見てみると、そこにも27位で登場していました。

もう少し詳しく見てみると、男性だけでは6位ですが、女性のランキングには10位以内にありません。

男性を年代別に見てみると、15歳から69歳まですべての年代で5位から9位の中に入ってきていますが、女性では、20歳から29歳までの年代でのみ9位に入っているだけで、女性の他の年代では、10位以内に全く入っていません。

男性を中心に、注目はしているけれど、買うにはまだちょっと・・・という存在が「電気自動車」なのかもしれません。

昨年から「自動運転システム搭載車」がらみで注目度は確実に上がってきているのですから、2017年こそはフルモデルチェンジした新しい・魅力的な電気自動車が発売され、7位の期待に応えてほしいものです。

2016/10/29

e-NV200 WORKSPACe

リンク: The future of working: Nissan e-NV200 WORKSPACe is the world’s first all-electric mobile office - Nissan Newsroom Europe.(2016/10/26)

イギリスで「e-NV200」を元に、100%電動モバイルオフィスを開発したという記事です。

9月にヤフーが週休3日制の導入を検討していると報じられたように、一部ではあるでしょうが、従業員の働き方の見直しが進められているようです。そうした環境の中で、固定したオフィスにしばられない働き方の提案でもあるようです。

オフィスも良いでしょうが、キャンピングカー仕様も魅力的でしょう。すでに「e-NV200」だけでなく、「リーフ 」や「ミニキャブミーブ(MINICAB-MiEV)」でも個人的に改造している方がいらっしゃいます。見せていただいたことがありますが、随所に工夫がしてありました。

電気自動車がいろいろな形に派生していくと、裾野も広がっていくかもしれません。


YouTube: The Nissan e-NV200 WORKSPACe is the world’s first all-electric mobile office

リンク: これが未来の職場?…走る“オール電化”オフィス、日産の「e-NV200 WORKSPACe」 - インターネットコム.(2016/10/29)

2016/10/24

EVの軽自動車

リンク: 日産ゴーン、三菱自「完全支配」の狡猾戦略完遂…破格の「安い買い物」 | ビジネスジャーナル.(2016/10/23)

この記事で注目したのは以下の部分です。

 両社は軽自動車で共同戦線を張っているが、電気自動車(EV)の開発でも協力する。EV路線で孤立気味の日産にとって、三菱自は数少ないEVの仲間でもある。EVの軽自動車の共同開発が、資本提携後最初のプロジェクトになるかもしれない。

三菱の車というと、アウトランダーPHEVのようなプラグインハイブリッド車のことを思い浮かべますが、三菱と日産は、「デイズ」シリーズeKシリーズを日産と三菱の合弁会社NMKVで作ってきた実績がありますから、アイミーブ(i-MiEV)の後継車も検討されてきたのではないかと思います。今回の資本提携がよい方に働いて、軽EVが具体的な形になることを期待しています。