電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 新型プリウスPHV | メイン | パリ協定発効=充電設備拡充  »

2016/11/03

日産「NOTE」 e-POWER

リンク: 日産自動車、100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「e-POWER」を「NOTE」に初搭載 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

日産は、ガソリンエンジンで発電した電気でモーターを動かす「e-POWER」を搭載したコンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売したと告知しています。ガソリンエンジンは発電のみに特化したもので、「シリーズ式ハイブリット」といわれるものです。

この件に関して、登録者に配信された日産メールマガジンには、「電気自動車の全く新しいカタチ」と題して、「ガソリンエンジン車の感覚で、電気自動車を楽しめます」「電気自動車だから得られる、モーターの走り」とありましたが、「NOTE e-POWER」を「電気自動車」と断言されると、「電気自動車ニュース」としては違和感があります。

「新しいクルマのカタチ」には違いありませんが、トップのリンク先Webページの方には、「NOTE e-POWER」を「電気自動車」とは書いていません。(EVとはありますが)「NOTE e-POWER」を「100%モーター駆動」と表現し、「日産リーフ」は「100%電気自動車」と明確に区別し、「100%電気自動車『同様』の走りの楽しさを実感いただけます」と書いてあるあたりが当を得ているでしょう。

「モーターで走るからとても静か」ともありますが、ガソリンエンジンは排気量1.198Lのものを載せていますから、当然ながらエンジン音はするはずで、最適な回転数に制御されることにより、どれくらい低音化され遮音されているか興味がわくところです。

82_dl0000625580

(引用:日産サイト

普段このブログは、1日平均約900カウント増える(来訪者)のですが、11月2日は1500カウント近くになりました。「NOTE e-POWER」の発売によって、「電気自動車」を検索されたのかもしれません。何はともかく電動車の裾野が広がることは、うれしいことです。

「ノート:諸元表」(PDF:80KB)

リチウムイオン電池容量:1.47kWh(※修正

《e-POWER S》
燃費:37.2km/L
計算上走行距離:1302km(タンク容量:35L)
希望小売価格:1,772,280円

《e-POWER X、MEDALIST》 
燃費:34.0km/L
計算上走行距離:1394km(タンク容量:41L)

リンク: 電気自動車ニュース: 日産、ハイブリッド車?を発売.(2016/09/05)

リンク: 日産グローバル本社ギャラリーで、100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「NOTE e-POWER」の展示イベントを開催 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

リンク: 「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を追加 あわせて一部仕様向上を実施 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/11/02)

リンク: 日産の電動化戦略は「EV」、e-POWERは手段に過ぎない - 日経テクノロジーオンライン.(2016/11/02)

「e-POWERで、EVの静粛性や発進加速の楽しさを体験してもらい、次にEVに乗り換えてもらう」

483f83ac6122e38b6258b8eab9324d21a6

(引用:日産サイト

コメント

始めまして、リーフに3年弱乗っている者です。
毎日読ませていただいております。

新型ノート、先日試乗しました。
電気自動車に乗っている者としては、頻繁に始動するエンジン音が気になります。
丁度チョークを引いた様な回転数で、煩く感じます。

気に入った点は、車体が完全に停止するまで働く回生ブレーキでした。
普通の流れなら、まったくブレーキペダルに足を乗せる必要がありません。
信号で先頭になったときに試しましたが、青信号に変わるまで(1分ぐらい?)そのまま止まってました。
クリープしないんです。
自分のリーフに乗ったとき、回生が効いてないんじゃないかと思ったほどです。


売れるかどうかなんてのは分かりませんが、回りの人(物理的に仕事場で近くに座っている)の意見は「中途半端ではないか」でした。
もう少しバッテリーを積んで、エンジンを使わず30キロ走れば考えるそうです。

(Webマスター:試乗の感想ありがとうございます。

エンジンは頻繁にかかるのですか。ロードノイズに隠れて耳障りではないと書いてあったのですが。

回生の強さが売りの一つですね。

もう少しバッテリ-を積んでいれば、BMW『i3』のような「レンジエクステンダー」になってしまいますね^_^;)

手抜き設計というか、EV の問題点を取り去ったパッケージで悪くないという印象ですね。
1:航続距離の問題=発電機を搭載することで対応。
         無給油で1000km以上走れるのは嬉しい。
2:充電が煩わしい=航続距離が伸びれば充電回数も減る、一気充電不要にした。
3:とにかく高い=バッテリーを最小限に留め、外部充電システムを省略して値段を抑えた。
4:デカイ=リーフにしろアウトランダーにしろ3ナンバー、今回は5ナンバーです。


一般のEV に対する負の印象を取り除いたなかなかの商品化だと思いますよ、私は。
もっとも、ライバルはアクアでしょうからEV 目線で語ってはいけないように思います。

(Webマスター:なるほど、そういう意見もありますね。

なんちゃってEVであるのは確かです(^O^))

初期型imievと同じ手抜き設計
燃費悪るすぎで再設計必至

(Webマスター:なるほど。そういう見方もあるのですね。

EVの特徴であるモーターによる力強い出だしを、安易に取り出したところは「手抜き設計」かもしれませんし、「電気自動車」系として考えるとすれば、燃費は悪いですね。)

何かと話題のノートe-powerですが、日産自動車では、ハイブリッド(HV)と呼ぶようですけど、個人的には、レンジハイブリッド(RHV)と呼んだ方が適切だと思います。
いずれにせよ、モーターで動きますがEVとは呼べないと思います。
確かに走り出しは、トルク特性からモーターの方がエネルギー効率は良いと思います。
しかしながら、一定速度での高速走行では高速ギアの使用によりガソリン車の方が有利だと思います。
やっぱり、ガソリンを燃やす以上、排気ガスやCO2は絶対出ます。
決定的にEVでは無いと言う理由は、太陽光発電などの自然エネルギーで発電した電力を充電して走行出来ないところです。

(Webマスター:日産では、あえて『ハイブリッド』と呼んでいないかもしれません。
「日産が新型ノートをハイブリッドと呼ばないワケ」
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/264450/110500048/?P=1
いずれにせよ、電気自動車ニュースとしては、e-powerは「なんちゃってEV」と位置づけています^_^;)

こんにちは
電池容量の記述については、Eddyさんが少ない少ないとおっしゃるので、削除されてしまったようですねw
少ないとはいっても、某社HVの電池容量よりは多いですし、さらにごく一部のリチウム搭載のHV車の倍位はありそうです。

(Webマスター:たきりんさんがご覧になったパンフのデータがありますから、大丈夫です(^O^)

リーフで積み上げたデータがあり、電池も先行事例があるのですから、もう少し増やしても良かったのでしょうが、電池の価格・体積・性能など、様々な要素から検討した結果が1.47kWhだったのでしょう)

トヨタのHV攻勢に、白旗を揚げたようにしか見えません。所詮HVガラパゴスに過ぎない国内マーケットにおもねた結果でしょう。営業担当役員から、現場で売りやすい物を出せ出せ言われていたのではないかと想像してしまいます。

(Webマスター:なるほど。
電池容量の少ない「シリーズ式ハイブリット」ですから、ヨーロッパなどのCO2排出規制に対応できているのか、外野ながら心配します^_^;)

リチウムイオン電池容量:1.5kWh
電池容量どこかに情報ありました?

(Webマスター:すみません。電池は1.47kWhでした。修正しました。
9月5日に書いた「日産、ハイブリッド車?を発売」にコメントを寄せていただいた方の情報を元に書いています。下のリンク先のコメントにありますが、社内用パンフを見てのことだそうです。
http://evn.blog.eonet.jp/weblog/2016/09/40-2fc2.html

他にもどこかの記事にあったと思うのですが、見つかりませんでした。)

蓄電池の値段が下がればすぐにEVにできそうです。
こんどは日産がどこから電池を買うのか興味深々です。
できればSCiBを採用してほしいですね。

(Webマスター:SCiBは秀逸ですからね(^O^))

EVの良さ広めるクルマになりそうですね。
特に自宅に充電施設がなくても気にしなくて
良い所なんかは受け入れられるのではないでしょか。

(Webマスター:EVの良さが広まれば、純粋EVへのハードルも低くなるのではないかと期待しています(^O^))

スズキがこの方式でスイフトを作ってましたね。
結局エンジンかかりっぱなしで意味がない、ということでボツになってしまいましたけど。
EVの現状からすればその判断は間違っていたのでは無いかと思ってしまいます。
もっとも、このノートがアクアキラーの本命になれるかどうかの結果次第ですが。
マァ、当時EV は夢が現実になったばかりの夢のクルマでしたからねぇ。
売れて欲しいですね。

(Webマスター:スズキと違って、日産にはリーフのデータとノウハウがあったので、ノートが形になったのではないかと思います。

ノートが売れて、やがてはEVへというのが筋書きかもしれません(^O^))

今日試乗してきました。先入観から否定してはいけないと思い乗っているときは好印象だったのですが、帰りにアイミーブに乗り換えたとたん、やっぱり要らないとの結論に至りました。次の電気自動車に期待します。

(Webマスター:そうですか。なんちゃって電気自動車に少しは期待したのですが^_^;)

私の所にもノート告知のメールが届いていました。
純EVとは全く異なる車ですが,日産の狙いとしては,ハイブリッドカーとしてではなく,入門用EVとして売りたいのかなと感じました。
キャッチコピーが「充電しなくても良い電気自動車」でしたっけ。
確かに,走行に駆動力として使用するのはモーターオンリーですから,そういう見方も成り立ちます。
モーター駆動の快適さにユーザーが目覚めれば,その後は純EVに興味を持ってくれるのではないかと考えているのかもしれません。
この点はリーフの技術は大いに生きると思います。
奇しくも,先程,アイミーブを車検に出したところ,代わりにガソリン車,EKワゴンを代車に貸してくれましたが,エンジンはうるさいわ,加速は悪いわで改めてEVの良さを再認識させられました。
ユーザーが新ノートでモーター駆動を味わうと,電池をもっと積んで欲しい,プラグインも欲しいということで,結局は純EVに移行していくのかなと思いました。
私も昔,レンタカーでアクアを借りた時ですが,できるだけ電池走行しようとシャカリキになったことを思い出します。

(Webマスター:私もEVへの移行にあたって、つなぎの役割を果たす一つの形だと思います。)

 考えましたね。安くしようと思えばこうなりますか。でもちょっと安直な気が。
 電池容量1.5kWh、タンク容量35L、エンジン排気量1.198Lの仕様では、どういう客層を対象にするのかな。
 電気自動車の多様化というところに拍手。

(Webマスター:なんちゃって電気自動車です(^O^))

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。