電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月の記事

2016/11/30

三菱 ちぐはぐ?

リンク: 三菱自、EV充電拠点の検索アプリ  :日本経済新聞.(2016/11/28)

三菱自動車は、充電器がある場所をスマートフォンで検索できるアプリを2017年度にも提供すると報じています。
今でも充電スポットを簡単に検索できるアプリは以下のようにあります。
検索できるアプリ: 

記事には、「最新の拠点情報が自動で更新」とありますが、アプリでも日々更新されていますし、「EVの普及には充電の利便性がカギ」と書いてもいますが、すでにiOSやアンドロイドOSに対応したアプリが存在するということはそれだけ需要があるということですから、何を今さら?という感じです。ただし、「車のナビゲーション機器と連動」「アンドロイドオートに対応」 と書いていますから、そこは新たな取り組みなのかもしれません。(ところが、カーナビをつける必要がないくらい、アプリは進化していますが)

「電動車両の普及」に結びつけるためには、何よりも電気自動車そのものを魅力あるものに、買いたくなるものに仕上げる必要があると思うのですが、Blog|EVオーナーが語る現実派サイト|EVオーナーズクラブ.(2016/11/26)の情報によると、アイミーブはマイナーチェンジされて17型として出てくるそうです。その価格が?で、Xグレード(16kWh)は旧15型の2,628,000円(税抜)から値上がりして265万円だそうですし、国の補助金を引いても2,474,000円だそうです。

 ちなみに、日産リーフS(24kWh)は、補助金が出た後で2,332,000円ですから、3ナンバーの車が軽よりも安という状態になっています。いくら使い勝手が良い軽自動車とはいえ、いくら生産台数が一月に一桁というとても量産車とはいえない状態であっても、消費者はまず価格に注目が行くのですから、その価格設定に?です。(それでもマイナーチェンジするのは、次の軽電気自動車が控えていると期待はしています)

トヨタや日産でも無理?若者向けに安くて楽しいクルマは作れないのか 【オートックワン】.(2016/11/25)の記事の中には、「現在よくいわれる“若者のクルマ離れ”は、“若者のクルマ購入離れ”である」とありました。求める価値は多様化していますから、だれにも受け入れられる「車」は難しいでしょうが、「若者が購入したいと思えるクルマ」の一つに入れるような「電気自動車」を期待しています。
案外、パナソニックの電気自動車(2016/11/29)あたりで「購入」ではない「シェア」というところに答えがあるのかもしれません。

2016/11/29

パナソニックの電気自動車

リンク: パナソニックが2020年までに自動運転式小型EVを製品化! | clicccar.com(クリッカー).(2016/11/27)

パナソニックは、1kmから2kmの範囲を40km/h以下の速度で移動する完全自動運転の2人乗り電気自動車を開発中で、2020年までに販売することを目指しているとしています。

(ホンダの「MC-β」に車体は似ています)

パナソニックといえば、テスラ(Tesla Motors)に電池を提供していることで電気自動車に接点はあります。そこで、自動車メーカーと競合しない分野での製品化を行うことで、自動車メーカーとの摩擦を避けているとのことですが、コムスのような「近距離移動用のパーソナルEV」に需要がそれほどあるとも思えません。

しかし、近距離移動用のパーソナルEV」を高齢者向きの車と考えれば、必要な数は多いかも知れません。それは、アクセルとブレーキとを踏み間違えての事故を無くす車となりうるでしょうから。

2016/11/26

三菱 アイミーブなどの2016年10月度 販売実績

リンク: 三菱 アイミーブなどの2016年10月度 販売実績.(2016/11/25)

アウトランダーPHEV」の販売数が持ち直してきました。

ミニキャブミーブ・トラックは3月に生産を停止していますが、まだまだ在庫があるようです。

1

2009年11月から2016年10月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

アイミーブ (上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)

ミニキャブミーブ (赤色

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

国内販売総数

10520

6233

35316

1001

↓2016年度合計

61

70

1575

29

03月

02月

      

  

01月

12月

11月

10月

11

2

486

8

09月

2

4

(未発表)

1

08月

7

3

151

3

07月

10

11 

261 

06月

15    

21

253

9

05月

10

20

174

3

04月

6

9

250

3

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラックは2016/03をもって製造中止

↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月

10

8

955

6

02月

39

71

1317

20

01月

31

23

801

6

12月

35

21

518

11

11月

23

27

814

8

10月

21

26

1145

4

09月

73

57

1896

15

08月

68

44

1313

9

07月

73

32

2383

9

06月

59

51

221

19

05月

38

45

289

14

04月

19

18

188

5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月

60

44

796

22

02月

82

52

603

25

01月

84

84

830

20

12月

70

57

608

22

11月

92

76

558

22

10月

102

93

538

18

09月

97

110

1450

6

08月

51

87

457

10

07月

102

124

700

4

06月

41

17

1300

14

05月

25

12

563

10

04月

18

25

226

8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月

130

124

736

30

02月

238

98

1630

16

01月

55

42

1298

17

12月

82

59

1488

9

11月

66

92

1705

9

10月

75

93

560

15

09月

95

137

772

21

08月

54

71

776

9

07月

68

93

-

14

06月

70

79

-

9

05月

62

71

-

7

04月

100

71

3

25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月

358

344

1719

269

02月

377

317

2079

167

01月

79

58

506

48

12月

137

121

11月

189

133

10月

141

128

09月

212

197

08月

86

107

07月

157

200

06月

288

256

05月

142

134

04月

39

31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱自発表,2012年3月国内外の累計数:26000

03月

117

123

02月

446

590

 

 

01月

341

467

 

 

12月

359

747

 

 

11月

326

MINICAB-MiEV12月販売 

 

 

10月

244

 

 

 

09月

340

 

 

 

08月

207

 

 

 

07月

61

Mグレード販売

 

06月

40

 

 

05月

34

 

 

04月

37

 

 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 

 

03月

102

震災

 

 

02月

321

 

 

 

01月

219

 

 

 

12月

164

 

 

 

11月

172

 

 

 

10月

179

 

 

 

09月

277

 

 

 

08月

221

 

 

 

07月

383

 

 

 

06月

390

 

 

 

05月

53

 

 

 

04月

61

個人販売

 

 

アイ・M

 

 

 

↓2009年度合計

748

 

 

 

03月

101

02月

151

01月

188

12月

145

11月

163

(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日から法人販売)


2016/11/25

リコール:アイミーブ

リンク: i-MiEVなどの助手席用エアバッグ.(2016/11/24)

三菱は、「アイミーブ」とデリカD:5、パジェロ、ランサー、アイのタカタ製エアバッグに関するリコールを届けています。リコールの内容は、以下の通りです。

うちのアイミーブMグレードも対象となっていますが、合計総数100,480台と多いですから、交換準備には時間がかかるものと予想されます

なお、対象となる車両かどうかは、 リコール等対象車両検索 で確認することができます。

助手席用エアバッグのインフレーター(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、 温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあります。 このため、エアバッグ展開時にインフレーター容器が破損するおそれがあります。

改善措置として、以下の内容を行うそうです。

エアバッグインフレーターまたはエアバッグモジュールを対策品と交換します。 なお、交換用部品の準備に時間を要することから、部品が供給できない場合には、 暫定措置として助手席用エアバッグの機能を停止するとともに、 助手席サンバイザー部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示します。

アイミーブにかかわるリコールデータ

  • 車台番号の範囲:HA3W-0000201 ~ HA3W-0301761
  • 製作期間:2009年(平成21年)7月4日 ~ 2011年(平成23年)12月28日
  • 対象台数:6,213台

急速充電環境の行方

リンク: NCS 合同会社日本充電サービス.

以下は、トヨタ、日産、ホンダ、三菱の4社が出資する日本充電サービス(NCS)の『充電スポットニュース』の一覧です。

ご覧いただくとわかるようにコンビニと三菱の営業所ですが、「充電器廃止」の文字がずらりと並んでいます。三菱店は不正問題から営業不振となり経営規模を縮小しているのでしょうか。コンビニは、同じ会社ばかりではありませんから、採算が合わなくなった店舗の閉鎖に伴って充電器も使えなくなっているものと考えられます。

補助金がついて一斉に設置されたものの、閉店リスクに脅かされて急速充電器の設置場所は、日本充電サービス(NCS)に限れば縮小しつつあります。 今後、充電器が設置される場所.(2016/08/12)に書いたように道の駅には増えていますから、総数としては現状維持かもしれません。

いずれにせよ、これから大きく増えるとすれば、日本充電サービスの一員であるトヨタやホンダが自社の電気自動車投入とともに急速充電器を設置することで、そこに環境が整うかがかかってくるでしょう。

ところで、補助金をもらって設置した場合、5年間の保有義務期間が定められていたはずですが、廃止されるところは条件をクリアしているのでしょうか。たとえば、ファミリーマート全国500店に急速充電器設置.は2014年です。

20161121_182021

リンク: 電気自動車ニュース: 充電環境の行方.(2016/10/06)

リンク: 電気自動車ニュース: 【充電器廃止】情報.(2016/07/30)

リンク: 電気自動車ニュース: 日産、佐賀でEV普及へ…コンビニに充電器設置.(2011/04/20)


2016/11/24

電気自動車は温室効果ガスを削減

電気自動車は燃料電池車よりも経済的に排出ガスが削減できるという研究結果が明らかにAutoblog(2016/11/22)

これは、スタンフォード大学とミュンヘン工科大学の共同研究であきらかにされたもので、走行に必要なエネルギーとその生産性は、電気自動車を1とすると燃料電池車はその2倍だそうです。

世界的に電気自動車を進める流れになっているので、このような研究も日の目を見るのでしょうが、水素ステーションのインフラが整っていない現在は、燃料電池車が残念ながら経済的・時間的に見合わないのも事実です。

もし我が家にトヨタ・MIRAIがあったとしても、水素を充てんするためには、大津市にある「イワタニ水素ステーション大津」まで高速道路料金を支払ってを1時間半ほど走らなければなりません。その後、充てんとなりますが、燃料電池車の充てん時間は「3分」とよく言われますから、その時間を足せば良いと考えがちですが、2016年1月より営業している「イワタニ水素ステーション大津」では、その時間は約「10分」(1時間当たりFCV6台の満充填が可能)と概要にはありますから、充てんが終了するのは家を出てから1時間40分後です。そして、また1時間半かけて帰らなくてはなりません。

20161123_201159

(燃料電池実用化推進協議会HPより引用)

「普通」はこれで済むはずですが、「イワタニ水素ステーション大津」の営業時間は月~金:9:00~17:00、土:9:00~13:00ですから、夕食後の充電はできませんし、日祝日、年末年始には休業していますから、ハッピーマンデーに重なれば、土曜日の13時から火曜日の9時まで68時間充電する機会が失われます。もちろん年末までに水素を満タンにしておかなければ、正月にロングドライブに出かけることは難しくなります。

燃料電池車は、電気自動車に比べ充てん時間が短いことがメリットの一つだとされますが、水素ステーションが近くにあり営業時間内に充てんできる生活環境にあるという条件(水素ステーションによって営業時間・休業日は違う)がそろってのことであり、電気代を気にしなければ、24時間いつでも充電できる電気自動車にもメリットはあります。

リンク: 電気自動車ニュース: ロングドライブ レポート(御殿場→滋賀).(2016/04/23)三菱アイミーブMグレード

充電時間:12分(144円)
充電容量:6.7kWh
充電率:21%→80.5%

リンク: 電気自動車ニュース: 水素ステーションでの充填時間.(2014/08/09)

リンク: 電気自動車ニュース: 「水素」と水素ステーションの課題.(2014/11/25)

2016/11/22

PHV充電中の出火

リンク: PHV充電中に出火=民家全焼、けが人なし-札幌:時事ドットコム.(2016/11/21)

21日、札幌市でプラグインハイブリッド車を充電中に出火したと報じています。

このプラグインハイブリッド車が、三菱のアウトランダーPHEVなのかトヨタ・プリウスPHVなのか、もしくは外国車なのかはわかりませんが、いずれにせよ「充電設備付近から火花が出るのを見た」とのことですから、充電コンセントからケーブル、車に差す充電ガン(プラグ)の間に問題があったのかもしれません。(ショートしたとしたらブレーカーが落ちるだろうけれど)

もし、ここに原因があるとすると、充電ガンなどは各社共通化されていますからPHVだけの問題ではなく電気自動車にも関わってきます。また、車メーカーに関わりなく起こりうることになりますから、影響は大きくなります。世界中の流れが電気自動車に傾きつつある中で、水を差しかねることになりかねません。

いずれにせよ、充電することが多い夜中の午前3時15分ごろが出火時間だそうですから、早い原因究明が待たれます。ぐっすり眠り込んでいる時間帯ですから。

「2017グリーンカーオブザイヤー」は ボルト EV

リンク: 【ロサンゼルスモーターショー16】グリーンカー賞は ボルト EV…プリウスPHV 抑える | レスポンス(Response.jp).(2016/11/20)

アメリカでのエコな車を表彰する「2017グリーンカーオブザイヤー」にGMのシボレー・ボルトEVが選ばれたと伝えています。

ちなみに昨年はシボレー・ボルトPHVだったそうで、PHVからEVという流れは、現在を象徴しているかのようです。

リンク: シボレーの新型電気自動車「Bolt」が、2017年グリーン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞 - Autoblog 日本版.(2016/11/21)

2016/11/21

EVで「伊豆半島」へ

リンク: 静岡県/EV・PHVでお越しの方「伊豆半島おもてなし優待」.(2016/11/17)

静岡県では、「伊豆半島エコリゾート推進事業」として、2016年11月19日(土)から2017年3月31日(金)までの期間、電気自動車やPHVを利用して参加施設(リンク先の下へ)に来訪された方に、プレゼントの提供や料金割引等を行なうと発表しています。

宿泊料金や飲食の優待はもちろん、コンビニでのコーヒーサービスなどもありますから、この機会にぜひ伊豆半島へお出かけください。

(平成28年11月14日現在の参加施設:146施設)

20161120_93115

同時に、タクシー会社が「EV観光タクシー」を導入するそうです。

20161120_93405

2016/11/20

電気自動車プレゼント

リンク: 九州日産株式会社|ノートe-power発売記念 電気自動車プレゼントキャンペーン.

九州日産では、ノートe-powerの発売を記念して、九州・沖縄在住者限定ですが、「NOTE e-POWER」か「リーフ」、「e-NV200」が各1台プレゼントされるキャンペーンを行っているそうです。

NOTE e-POWER」の販売にかける意気込みが伝わってくる企画です。

ただし、ご愛敬は、応募欄の連絡先を書くところで、都道府県名は北海道をはじめ全国の県名を選ぶことができます。既存のフォームを流用したためにおこったチェックミスでしょう。応募資格のあるのは、九州・沖縄に住んでいる人だけですのでご注意ください。


(コメント欄で教えていただきました)

こちらは、全国規模のプレゼントです。

リンク: 日産|電気自動車のまったく新しいカタチ。 NOTE e-POWER登場プレゼントキャンペーン.