電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« ミニキャブミーブのリコール | メイン | 三菱 アイミーブなどの2016年8月度 販売実績 »

2016/09/27

Shimizu In wheel Motor

リンク:【第1回】 伝説の電気自動車“Eliica”生みの親に聞く、電気自動車の真実と未来 | FUTURUS(フトゥールス).

【第2回】 「電気自動車×自動運転」と太陽エネルギーがもたらすユートピア

【第3回】あの「最速ポルシェ」を超えた加速力を体験!? 最新世代の電気自動車を試乗! 

【第4回】 “長生き”を実現するクルマ社会を目指して

慶応義塾大学環境情報学部教授を2013年に退任され、現在は株式会社e-Gle代表取締役社長の清水浩氏へのインタビュー記事です。「日本の電気自動車開発の草分け的存在である清水浩氏は、現在も究極の電気自動車を追い求め続けている」そうです。

SIMドライブ.(2016/05/30)にも書きましたが、この「電気自動車ニュース」を始めた2007年より前の2005年に、日本未来館に展示されていた慶應義塾大学 電気自動車研究室の「KAZ」に興味を持ったのが、電気自動車との付き合いの始まりです。仕事の関係で電気自動車について調べる機会があり、ひょんなこときっかけで発売前のアイミーブ試乗車に乗せてもらい、今では2台の電気自動車に乗っている私ですが、SIM-Drive後の清水浩氏の動向が伝えられないので気になっていました。

Sany4054

(「KAZ」2005/08/08、日本未来館で撮影)

インホイールモーターは、FOMM水に浮く”超小型電気自動車に挑む日本ベンチャーの開発者魂【前編】.)(2016/08/09)に受け継がれているようですから、量産車への搭載も近いでしょう。

「性能面に問題はないので、あとはお金と時間の問題をクリアすれば」だそうですから、車への参入のうわさのあるAppleと「Shimizu In wheel Motor」とが組めば、「死の谷」を超えて、デザインの自由さから新しい車が現実ものとなるのではと思うのは私だけでしょうか。

コメント

確か清水氏は、シムドライブ社の初代社長だったと思います。
今はあのモンスター田嶋氏が社長となっておりますが、電気自動車(EV)の市販の話は聞こえて来ません。
タジマコーポレーションで電動ミニカーを発売しましたが、オープンモデルの一人乗りです。
ヤッパリ、技術力はあっても大手自動車メーカーの様に大量生産が出来ませんから市販車両は難しいのかも知れません。

(Webマスター:シムドライブ社は、電気自動車そのものを作るのではなくて、電池システム・ノウハウを売るような話でしたが、売り込みできなかったのかもしれません。

テスラのイーロン・マスクのような人物が、シムドライブ社にいなかったからかもしれませんね^_^;)

おはようございます
以前はワクワクだったのですが、最近はこの方の記事
には極めて懐疑的です。
発表だけでいっこうに次の段階へ進まないイライラか
も知れません。
リンクの記事を読むと
 インホイールモーターで100馬力
  そりゃあ短時間定格が大きいのはモーターの一般
  的な特性ですよね。
  連続定格はこの1/10ですか?
 肝心な電池は無視ですか?
  自動車メーカーが最も苦しんでいるのは電池容量
  だと思うのですが・・・
やっぱりヒネてますね。健康寿命のうちに電気自動車
の時代が来てほしい期待の裏返しデス。

(電気自動車の時代が来てほしいWebマスター:そういう面もありますね^_^;

8輪のEliicaは驚きでしたから、期待が大きかった分、残念な気持ちも膨らんでしまいました)

 こういう情報を聞かせていただくとほっとします。いやウキウキですね。
 「死の谷」から這い上がるには、黙々と上る者に垂らされる「蜘蛛の糸(芥川龍之介昨)」も必要でしょう。
 不屈のお取り組みに喝采をお送りします。

(Webマスター:なんとか量産にこぎつけてほしいものです)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。