電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 日産、ハイブリッド車?を発売 | メイン | 新燃費値を国土交通省へ再申請 »

2016/09/07

車載ソーラーパネル採用のこれから

リンク: 和田憲一郎の電動化新時代!(22):ようやく見えてきた、車載ソーラーパネル採用の兆し (1/4) - MONOist(モノイスト).(2016/09/05)

電気自動車やプラグインハイブリッド車にソーラーパネルの搭載がなかなか実現できなかった理由や、採用に向けた兆しについての記事です。

プリウスPHVには、オプションでソーラーパネルが選択できるようですが、その価格に見合うだけの効果が出るのでしょうか。発表されている資料によると、最大出力180Wのソーラーパネルで年間平均1日当たり走行可能距離は約2.7km(最大約5km)だそうです。1リッターで20km走るプリウスにとっては、ソーラーパネルでの走行可能距離が約3kmだとすると6分の1以下でしかありません。

現在、全国平均のガソリン価格は約115円ですから、6分の1というと20円分ほどです。年間に10,000km走るプリウスが20km/Lの燃費だとすると1年間に500Lのガソリンが必要で、ガソリン代は57,500円となります。ソーラーパネル走行可能距離は1日分ですから、1年間晴れて毎日充電できたとして、20円×365日=7,300円です。5年間走ってもソーラーで発電し節約できる分は約36,500円です。円高とガソリン安の中では、オプション価格は不明ですが、その価格差をうめることは難しいかもしれません。

しかし、もともとハイブリッド車はガソリン価格を考えたときにガソリン車に比べて割高ですし、電気自動車も補助金額の減少でますます割高になっていますから、費用対効果が薄いなどと言える立場ではありません。ガソリンの消費が少しでも減るのなら、高い買い物ではないかもしれません。

それよりも今回世界で初めて車載ソーラーパネル採用が市場に投入されることに敬意を表したいと思います。今後は、より面積の広いトラックやバスに、高効率なソーラーパネルが載り、それが当たり前な将来が来るかもしれません。住宅の屋根にソーラーパネルを見ない地域は、もはやないのですから。

コメント

『鳥栖建材屋さんが製作された電キャブで全国を走っておられる方がいらっしゃいましたよ。最近は更新されていませんが。』→ そんなことないですよ!更新されています。アドレスが、少し変わったのかも?

http://blogs.yahoo.co.jp/toronsdyp_1127

(Webマスター:たいへん失礼しました。
アドレスが変わっていましたね。リンク集の方も直しておきました。

旧:http://blogs.yahoo.co.jp/naisdaypop2007)

以前ソーラパネルを屋根に載っけてキャンピング仕様に、と思って調べていたら九州の鳥栖建材屋さんが製作されていました。OKワゴンEV !一体感という意味では電キャブ以外は厳しいですが。

(Webマスター:ここが製作された電キャブで全国を走っておられる方がいらっしゃいましたよ。最近は更新されていませんが。
http://blogs.yahoo.co.jp/naisdaypop2007

毎日の送迎や近所のスーパーへの買い物利用でしたら、給油も充電もしなくて良いので完全に自己完結ですね。
雨が続いたら?
”最近雨ばかりだから電池が減ってきて・・・”と、新たなQC事情が出てきそうですw

ただ定期的にガソリンを消費するならば、効果が薄くなりますので、そうならば日常はガソリンタンクを空にしておく必要がありますね。

総じてCO2削減や外部充電の頻度減少を進めますので、確かに敬意を表すべきシステムだと思います。

ところでリチウム、ニッケル水素、鉛と、電池は3種類積むのでしょうか?

(Webマスター:アウトランダーPHEVのようにガソリンの劣化などを防ぐために、自動的にエンジンは始動するのでしょうね。

バッテリーはそうですね(^O^)彦摩呂ふうに
「バッテリーの宝石箱やー!」)

青空駐車場の週末ドライバーなら
太陽光だけで賄えたら嬉しいですね。
但し、住宅用太陽光と同じで反射光に
対する苦情も出てきそうですね。

(Webマスター:なるほど。住宅地で朝夕にプリウスPHVの屋根に反射した太陽の光が隣家に当たったらたいへんですね。太陽光発電所とは違って固定ではないのが救いですが。

心配なところは、事前にセールスマンがチェックしないと、後日問題はこじれそうです。

なお、投稿者名がメールアドレスになっていました。そのままでは公開になってしまうので、個人情報保護から勝手に修正させていただきました。ご了承ください)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。