電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月の記事

2016/09/29

新型BMW i3

リンク: 大幅な航続距離の延長を実現したBMWの電気自動車 「新型BMW i3」を発売.(2016/09/27)

BMWジャパンは、リチウムイオン電池の容量を21.8kW/hから33.2kWhへと増やし、一充電走行距離を390km(JC08モード)まで延ばした「新型BMW i3」を、10月1日(土)より販売を開始すると発表しています。

価格は、モデル変更前と同じ499万円からだそうです。あちこちの記事にはあえて?触れられていませんが、新しいタイプのバッテリーで容量が大幅に増えたのですから当然値上げするはずです。ところが価格を据え置くということは、今までの装備を一部減らしてその価格を維持しているのでしょう。

電池の容量が増えた分、「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費」補助金が従来モデルの239,000円から365,000円(搭載された蓄電池容量 1kWh 当り1万1千円 ×搭載された蓄電池容量(kWh))へアップしています。本体価格は据え置きですから、電池容量が増えて、今までよりも126,000円安く買うことができます。(補助対象車両一覧

リンク: 電気自動車ニュース: クリーンエネルギー自動車補助金の申請受付開始.(2016/04/20)

余談ですが、「新型BMW i3」電池容量は33.2kWhです。一般的な記事では皆33kWhとしていますが、正確には33.2kWhになっています。(正規ディーラーで確認)

現在の補助金は、上に書いたように電池容量に比例した金額となるので、33kWhなら363,000円のはずですが、どの記事も365,000円となっています。疑問に思ったので、次世代自動車振興センターに載っている補助対象車両一覧を調べてみたところ、新型は33.2kWhと書いていました。

また、リチウムイオン電池は、これまで通りサムスンSDIだそうです。

リンク: BMW、EVの「定額充電サービス」が日本上陸 (2ページ目):日経ビジネスオンライン.(2016/09/28)

競合するLG化学からの提供は今のところないそうですが、以下の記事によると、技術開発はどんどん進んでいるようです。「新型BMW i3」でも、今までのと大きさは同じで、電池容量が約1.5倍になっているのですから。

1回の充電で300キロメートル以上走れる電池を開発したのをきっかけに受注が急増しているという。今後は1回の充電による走行距離を500キロメートル以上に伸ばし、充電時間を短縮する技術開発にも力を入れていく。

リンク: LG化学、ポーランドにEV用電池の新工場  :日本経済新聞.(2016/9/26)

新型BMW i3で気になったのは、以下の2点です。まず、その充電時間です。容量が増えた分、国内の急速充電では、約45分でバッテリー容量の80%まで充電できるとしています。この点を新しいユーザーに強調しすぎると、「30分で80%」の宣伝文句が染みついている今の電気自動車オーナーが30分間きっちりと充電するように、時間いっぱいまで充電をねばるi3ユーザーが出てこないとも限りません。45分というのは、あくまでも目安であって、時間と後の走行距離に応じた充電を心がけるように説明してほしいものです。

「ちょこっと充電」: 第2回EVOC関西オフ 往復記録.(2016/08/29)

次ぎに気になったのは、BMWジャパンの新しい充電サービス「ChargeNow」です。

BMWの電気自動車が、今ある充電器のネットワーク「NCS ネットワーク」(合同会社日本充電サービス)を利用しようとすると、日本充電サービスが発行するNCSカードを利用するしかありませんでした。ところが、10 月 1日からは、このネットワークを利用可能にする「ChargeNow」というBMW独自のサービスを開始するというのです。それも12ヶ月間無料で提供すると発表しています。

ただし、問題はその後で、急速充電器も普通充電器も使えるサービスが月額5000円(急速充電15円/分)と高額になっています。今ある日本充電サービスが発行するNCSカードの料金プラン表では、同じ条件のものが月額4,200円ですから、購入1年後には800円でも安い方へ移行するであろうことが目に見えます。なぜ、このような料金設定にしたのか疑問に思いました。

ちなみに、充電条件に違いはありますが、テスラ専用の「スーパーチャージャーステーション」であれば無料、その他は月額3250円(急速充電15円/分)ですし、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム スタンダードプランは、月額3,000円(急速充電0円〜15円/分)です。三菱のプレミアムプランは、月額1,500円(急速充電5円〜15円/分)です。

リンク: 電気自動車ニュース: マイナーチェンジ BMW i3.(2016/09/13)

2016/09/28

三菱 アイミーブなどの2016年8月度 販売実績

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.(2016/09/28)

リンク: 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会 - 統計.

アウトランダーPHEVは三菱のHPから、その他は全国軽自動車協会連合会の「軽四輪車通称名別新車販売確報」から数字を抜き出しています。

全国軽自動車協会連合会の8月集計によると、日産デイズは3位、三菱ekは13位と健闘しています。しかし、アイミーブ(i-MiEV)やミニキャブミーブ(MINICAB-MiEV)の電気自動車は1台1台手作りしているような台数です。本当に、三菱はEVの販売を続ける.(2016/09/22)のでしょうか。びっくりする隠し球を期待しているのですが。

ミニキャブミーブ・トラックは、2016年3月に製造中止になっていますが、まだまだある在庫販売で3台カウントされています。(WEBサイトはこの3車種閲覧停止中)

1

2009年11月から2016年8月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

アイミーブ (上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)

ミニキャブミーブ (赤色

アウトランダーPHEV緑色

ミニキャブミーブ・トラック紫色

  アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック
国内販売総数 10507 6227 34830

992

↓2016年度合計

48  64

1089

20
03月        
02月          

 
01月        
12月        
11月        
10月        
09月        
08月 7 3 151 3
07月 10 11  261 
06月 15     21 253 9
05月 10 20 174 3
04月 6 9 250 3
  アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラックは2016/03をもって製造中止

↓2015年度合計

489 423 11840 126
03月 10 8 955 6
02月 39 71 1317 20
01月 31 23 801 6
12月 35 21 518 11
11月 23 27 814 8
10月 21 26 1145 4
09月 73 57 1896 15
08月 68 44 1313 9
07月 73 32 2383 9
06月 59 51 221 19
05月 38 45 289 14
04月 19 18 188 5
  アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2014年度合計

824 781 8629 181
03月 60 44 796 22
02月 82 52 603 25
01月 84 84 830 20
12月 70 57 608 22
11月 92 76 558 22
10月 102 93 538 18
09月 97 110 1450 6
08月 51 87 457 10
07月 102 124 700 4
06月 41 17 1300 14
05月 25 12 563 10
04月 18 25 226 8
  アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2013年度合計

1099 1006 8968 181
03月 130 124 736 30
02月 238 98 1630 16
01月 55 42 1298 17
12月 82 59 1488 9
11月 66 92 1705 9
10月 75 93 560 15
09月 95 137 772 21
08月 54 71 776 9
07月 68 93 - 14
06月 70 79 - 9
05月 62 71 - 7
04月 100 71 3 25
  アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2012年度合計

2205 2026 4304 436
03月 358 344 1719 269
02月 377 317 2079 167
01月 79 58 506 48
12月 137 121
11月 189 133
10月 141 128
09月 212 197
08月 86 107
07月 157 200
06月 288 256
05月 142 134
04月 39 31
  アイ・M ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552 1927 三菱自発表,2012年3月国内外の累計数:26000
03月 117 123
02月 446 590    
01月 341 467    
12月 359 747    
11月 326 MINICAB-MiEV12月販売     
10月 244      
09月 340      
08月 207      
07月 61 Mグレード販売  
06月 40    
05月 34    
04月 37    
  アイ・M    

↓2010年度合計

2542    
03月 102 震災    
02月 321      
01月 219      
12月 164      
11月 172      
10月 179      
09月 277      
08月 221      
07月 383      
06月 390      
05月 53      
04月 61 個人販売    
  アイ・M      

↓2009年度合計

748      
03月 101
02月 151
01月 188
12月 145
11月 163

(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日から法人販売)

2016/09/27

Shimizu In wheel Motor

リンク:【第1回】 伝説の電気自動車“Eliica”生みの親に聞く、電気自動車の真実と未来 | FUTURUS(フトゥールス).

【第2回】 「電気自動車×自動運転」と太陽エネルギーがもたらすユートピア

【第3回】あの「最速ポルシェ」を超えた加速力を体験!? 最新世代の電気自動車を試乗! 

【第4回】 “長生き”を実現するクルマ社会を目指して

慶応義塾大学環境情報学部教授を2013年に退任され、現在は株式会社e-Gle代表取締役社長の清水浩氏へのインタビュー記事です。「日本の電気自動車開発の草分け的存在である清水浩氏は、現在も究極の電気自動車を追い求め続けている」そうです。

SIMドライブ.(2016/05/30)にも書きましたが、この「電気自動車ニュース」を始めた2007年より前の2005年に、日本未来館に展示されていた慶應義塾大学 電気自動車研究室の「KAZ」に興味を持ったのが、電気自動車との付き合いの始まりです。仕事の関係で電気自動車について調べる機会があり、ひょんなこときっかけで発売前のアイミーブ試乗車に乗せてもらい、今では2台の電気自動車に乗っている私ですが、SIM-Drive後の清水浩氏の動向が伝えられないので気になっていました。

Sany4054

(「KAZ」2005/08/08、日本未来館で撮影)

インホイールモーターは、FOMM水に浮く”超小型電気自動車に挑む日本ベンチャーの開発者魂【前編】.)(2016/08/09)に受け継がれているようですから、量産車への搭載も近いでしょう。

「性能面に問題はないので、あとはお金と時間の問題をクリアすれば」だそうですから、車への参入のうわさのあるAppleと「Shimizu In wheel Motor」とが組めば、「死の谷」を超えて、デザインの自由さから新しい車が現実ものとなるのではと思うのは私だけでしょうか。

2016/09/24

ミニキャブミーブのリコール

リンク: リコール等の重要なお知らせ | ユーザーサポート/カーライフ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN.

三菱自動車は、ミニキャブ(約66000台)、MINICAB-MiEV(6990台)の警音器(ホーン)部品に不良があり、鳴らなくなるおそれがあるので、対策品と交換すると告示しています。

対象車かどうかは、リコール等対象車両検索サイトで調べることができます。

ところで、公表された6990台のMINICAB-MiEV数は、2011年11月から2015年8月にかけて製造された車ですが、その間の販売数は5930台《三菱 アイミーブなどの2016年7月度 販売実績.(2016/09/02)》です。対象車の製作期間の台数は、同じ時期に販売された台数とは当然違いますが、9月、10月、11月の3ヶ月の販売数は110台ですから、その差1060台は大きいような気がします。

2016/09/23

関西EV・PHV写真コンテスト締切迫る

リンク: 関西広域連合「第6回EV・PHV写真コンテスト」について|関西広域連合.

関西広域連合で実施している「第6回EV・PHV・FCV写真コンテスト」の締切が9月30日にせまっています。

関西広域連合広域環境保全局(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市)が、温室効果ガスの排出削減、観光事業と連携した電気自動車等の普及促進に広域で取り組む一つとして企画しているそうですが、滋賀県を見ても最終更新日が2015年11月27日の「滋賀県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンについて」ぐらいしか情報はありませんから、取組を広く・積極的に進めてほしいものです。

  • 募集テーマ  あなたの街のEV・PHV・FCVが似合う風景
  • 関西広域連合広域環境保全局及び共催県の地域内(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、鳥取県の各府県内)で、EV・PHV・FCVが写っている街や観光地の風景写真を募集
  • 募集期間  平成28年7月1日(金)~平成28年9月30日(金)
  • 賞  最優秀賞(1点)    賞状・旅行券5万円

    優秀賞(2点)        賞状・旅行券2万円
    入選(10点程度) 賞状
            協賛企業賞    賞状・副賞

  • 送付先・問い合わせ先 ※送付は郵送のみ受付

関西広域連合広域環境保全局 電気自動車普及促進事業・観光連携事業WG
       (京都府環境部地球温暖化対策課)
      〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
      電話:075-414-4830 FAX:075-414-4705 e-mail:tikyu@pref.kyoto.lg.jp

2016/09/22

三菱はEVの販売を続ける?

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.(2016/09/21)

2016年パリモーターショースペシャルサイト

三菱自動車は、2016年9月29日(木)から10月16日(日)まで、パリで開催される2016年パリモーターショーに「次世代EVシステムを搭載したコンパクトSUV『MITSUBISHI eX Concept』を初披露するとしています。また、その出品車一覧には、アイミーブ(i-MiEV)も含まれています。

9月20日に記事の情報として、「 三菱がEVの販売をやめる?」と書きましたが、撤退するのを前提にコンセプトカーを「初披露」するのは変ですし、日本では細々としか売られていない、今ではマイナーチェンジもされない「アイミーブ(i-MiEV)」も展示されるのですから、先の情報は誤っていたのかもしれません。

中でも出品車一覧にアイミーブ(i-MiEV)が載っているのを見ると、三菱のこの車への今の扱いとヨーロッパやアメリカ・メーカーが今、電気自動車へそそいでいる力の入れようの違いに、コンセプトカーがあるとはいえ、未来への戦略は間違っていないのかと心配になります。アイミーブ(i-MiEV)の展示に、三菱の電気自動車の歴史と先見性を示したのかもしれませんが。

リンク: 【パリモーターショー2016】それはビートル級の巨星!? VWがEVコンセプトの出展を予告 | LE VOLANT BOOST.(2016/09/20)

リンク: GM、新型EVの実質価格2万9995ドルに 「大衆車」市場狙う  :日本経済新聞.(2016/09/21)(補助金活用後、29,995ドル=305万円)

補助金活用前の価格比較。

シボレー・ボルトEV・・・3万7495ドル(約381万円)
モデル3・・・・・・・・・3万5000ドル(約357万円)
リーフ 30kWh(SVトリム)・・3万7050ドル(約378万円)米価格

2016/09/20

三菱がEVの販売をやめる?

リンク: それホント? EVで世界に遅れ始めているニッポンのウラ事情 - 自動車コラム - carview! - 自動車.(2016/09/18)

世界のEV化の波に比べ、日本は車種も少なく世界に逆行しているのではないかという記事です。

2代目プリウスPHVが大きな話題になるくらいですから、その通りなのですが、気になった一文は、「日本は三菱がEVの販売をやめるっていうじゃないですか」のところです。

ミニキャブミーブ トラック(MINICAB-MiEV TRUCK)が販売不振で3月31日に製造中止になったように、アイミーブ(i-MiEV)やミニキャブミーブ(MINICAB-MiEV)も月に10台ずつぐらいしか売れていない状況では、会社としては利益も何もあったものではないでしょう。(燃費不正第2弾の影響で8月30日から三菱のリンク先が表示されなくなっています)規模が縮小している今は、得意分野に集中して、三菱としてはPHEVを前面に出していくということでしょうか。

リンク: 電気自動車ニュース: 三菱 アイミーブなどの2016年7月度 販売実績.(2016/09/02)

現在の補助金が電池容量に応じた額に変更された結果、アイミーブ Mグレード(10.5kWh)では、115,500円に減額されています。発売当初の7分の1ほどに額は縮小しています。クリーンエネルギー自動車補助金の申請受付開始.(2016/04/20)

電池容量の少ない三菱の電気自動車は、この点でますます不利になっており、下に示すようにXグレードでは、リーフの24kWhタイプよりも高くなってしまっています。

売れないから車両本体価格を下げることができない。電池容量が少ないので割高になってしまう。ますます売れないという負の循環です。

車両本体価格ー補助金=支払い価格

2,261,520ー115,500=2,146,020円(Mグレード 10.5kWh)

2,838,240ー176,000=2,662,240円(Xグレード 16kWh)

2,803,680ー264,000=2,539,680円(リーフ モデルS 24kWh)

3,197,880ー330,000=2,867,880円(リーフ モデルS 30kWh)

「三菱がEVの販売をやめる」というのは、このような状況から単独での販売をやめるという意味にとりたいものです。日産と三菱の合弁会社NMKVからは近い将来、アイミーブ の流れを受け継いだ軽の電気自動車版が発売されることを期待しています。

 

電気自動車が普及しても「原発」は全く必要としないのですが、「EV普及=原発推進か! と短絡的に言われちゃう」という文も気になりました。

リンク: 電気自動車ニュース: 節電と電気自動車.(2011/12/29)

2016/09/17

イベント情報

この秋に、電気自動車に関わるイベントがあちこちであります。

リンク: 燃料電池自動車(FCV)の普及啓発活動 イベント情報等 - 神奈川県ホームページ.

リンク: 究極のエコカーが勢ぞろい!試乗イベント.

日時:9月22日(木)10:00〜16:00

場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場

内容:試乗(トヨタMIRAI、日産リーフ、BMW i3、BMW 330e、Audi A3 Sportback e-tronなど)、展示会(FCV(燃料電池自動車)、EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッド自動車)など)

入場:無料


リンク: EVEX 国内唯一のEV・PHVに特化したビジネストレードショー EV・PHV普及活用技術展2016.

以下の日程で、「EVEX EV・PHV普及活用技術展2016」が開催されるそうです。ホームページには、「本格普及に向けて再加速」とありますが、外国メーカーはまだしも国内メーカーの動向を見ていると「再加速」するか疑心暗鬼です。もちろん、普及してほしいのですが。

日時:2016年9月28日(水)〜9月30日(金)

場所:東京ビックサイト 東ホール

入場:事前登録

リンク: EVEX EV・PHV普及活用技術展2016 in 東京ビックサイト_今後のイベント情報_EV,PHV,FCV等のCEVと充電設備の補助金交付を行う次世代自動車振興センター.

セミナー 経済産業省/国土交通省の次世代自動車普及取組について

日時:2016年9月29日(木)13:00~13:45

場所:東京ビックサイト 東3ホール 3-④


リンク: 日産自動車とオーテックジャパン「国際福祉機器展H.C.R.2016」に9台出展 - 日産自動車ニュースルーム.

リンク: 展示会情報 - 国際福祉機器展.(H.C.R. 2016)

こちらには、送迎タイプのe-NV200が出展されるそうです。

日時 :10月12日(水)~10月14日(金) 10:00~17:00

場所 : 東京ビッグサイト 

入場料 : 無料(入場者登録制

2016/09/16

充電できない「充電器」のその後6(更新中)

リンク: 12型『i-MiEV』および『ミニキャブ・ミーブ バン』と一部のNEC製普通充電器の充電不具合に係わるお知らせとお願い | MITSUBISHI MOTORS JAPAN.(2016/08/26)

充電できない「充電器」のその後5.(2016/09/01)で充電できない「充電器」が充電できるようになり始めたと報告しました。その後、実際に稼働し始めたところがあるとの情報をいただいたので、リストアップしておきます。すべての機器が対応したかがわかれば、教えていただけるとありがたいです。情報提供をよろしくお願いします。

(アリオ柏店は以下の全国の対象施設リストにありませんが、不具合が報告されています)

  • 千葉県柏市 アリオ柏店 133基 3階のB13 

(以下引用)ミーブ系で充電改善が確認されたところ

<NEC製普通充電器設置場所一覧(2016年3月4日現在)>

都道府県市・区施設名・店舗名
北海道 札幌市 アリオ札幌 133基
青森県 青森市 イトーヨーカドー青森店 44基
岩手県 花巻市 イトーヨーカドー花巻店 27基 A01
東京都 足立区 アリオ西新井 54基
東京都 足立区 ザ・プライス西新井 54基
東京都 足立区 ポンテポルタ千住 26基
東京都 江戸川区 イトーヨーカドー葛西店 33基
東京都 大田区 イトーヨーカドー大森店 44基 4階のA21
東京都 葛飾区 アリオ亀有 76基
東京都 葛飾区 イトーヨーカドー高砂店 12基
東京都 江東区 アリオ北砂 21基
東京都 小金井市 イトーヨーカドー武蔵小金井店 54基
東京都 渋谷区 恵比寿ガーデンプレイス 20基
東京都 調布市 イトーヨーカドー国領店 111基
東京都 千代田区 丸の内中央パーキング 24基
東京都 豊島区 サンシャインパーキング 180基
東京都 昭島市 イトーヨーカドー拝島店 31基
東京都 八王子市 イトーヨーカドー八王子店 58基
神奈川県 相模原市 アリオ橋本 148基
神奈川県 藤沢市 イトーヨーカドー湘南台店 24基
神奈川県 大和市 イトーヨーカドー大和鶴間店 96全基可
神奈川県 横浜市 イトーヨーカドー上大岡店 8基
神奈川県 横浜市 イトーヨーカドー立場店 45全基可
神奈川県 横浜市 みなとみらい公共駐車場 45基
埼玉県 上尾市 アリオ上尾 86基 A24
埼玉県 川口市 アリオ川口 135基
埼玉県 久喜市

アリオ鷲宮 123基 D19、B15、D18、E07

(×充電)A29、C11、E22

埼玉県 草加市 イトーヨーカドー新田店 9基 A01、A09
埼玉県 蕨市 イトーヨーカドー錦町店 62基
埼玉県 三郷市 イトーヨーカドー三郷店 18基 A18
千葉県 市原市 アリオ市原 113基
千葉県 市原市 イトーヨーカドー姉崎店 20基
千葉県 印西市 総武カントリークラブ総武コース 20基
千葉県 千葉市 アリオ蘇我 89基
千葉県 四街道市 イトーヨーカドー四街道店 12基
長野県 上田市 アリオ上田 109全基可
静岡県 静岡市 イトーヨーカドー静岡店 47基
三重県 伊勢市 旅荘 海の蝶 24基
滋賀県 守山市 ピエリ守山 63基
大阪府 大阪市 アジア太平洋トレードセンター 28基
大阪府 大阪市 なんばパークス 24基
大阪府 大阪市 上方温泉一休 54基(更新まだ)
大阪府 岸和田市 岸和田カンカンベイサイドモールWEST 20基
大阪府 堺市 アリオ鳳 100基 C21
大阪府 堺市 イトーヨーカドー津久野店 67基 B14
大阪府 八尾市 アリオ八尾 100基
兵庫県 明石市 イトーヨーカドー明石店 81基 2階のB14、3階のD13
兵庫県 姫路市 イトーヨーカドー広畑店 50基 2階のA01

2016/09/15

GM 一充電走行距離 383キロ

リンク: GM、航続383キロのEV 普及価格帯で最長  :日本経済新聞.(2016/09/14)

ゼネラル・モーターズ(GM)は、年末発売予定の「シボレー・ボルトEV」の一充電走行距離がEPA(連邦環境保護庁)燃費で238マイル(約383km)と発表したと伝えています。

ちなみにEPA燃費を他と比較してみると、Tesla Motors(テスラ・モーターズ)が2017年の発売予定の「モデル3」はEPA燃費が215マイル(約346km)、リーフ30kWhは約171kmです。

JC08航続距離に置き換えると

シボレー・ボルトEV・・627km
モデル3・・・・・・・・565km
リーフ 30kWh・・・・・・ 280km

それでいて、記事などから価格を比較すると(補助金活用前、現在レート)

シボレー・ボルトEV・・・3万7500ドル(約383万円)以下
モデル3・・・・・・・・・3万5000ドル(約357万円)
リーフ 30kWh(SVトリム)・・3万7050ドル(約378万円)米価格

次期リーフは、一充電走行距離が400kmになる 2018年 一充電400kmの電池を開発へ(加筆).(2016/03/07)としていますが、それが達成されたとしても他社はJC08燃費で500kmを越えているのですから、同じ価格では他社には太刀打ちできません。距離を延ばすために30kWhよりも電池容量は増えるでしょうが、価格をさらに引き下げないと販売競争は難しくなるかもしれません。

そのためには、電気自動車で一番本体価格に影響する電池価格を下げるしかないでしょう。ゼネラル・モーターズ(GM)の「シボレー・ボルトEV」は韓国LG化学製の電池を使って航続距離を伸ばしているそうですから、日産も電池事業からの撤退をしたら、同じようなメーカーを選択するのかもしれません。

リンク: 日産ついに撤退か、車載電池で再編の号砲 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準.(2016/08/08)

下記には、詳しい情報が載っています。

リンク: 米GMが電気自動車のシボレー ボルト(BOLT)を発表 | EVsmartブログ.(2016/09/13)

35万台からさらに積み上げることができるか、日産の電気自動車は次期リーフの性能・価格にかかっているようです。

リンク: ルノー・日産アライアンス、累計35万台の電気自動車を販売 - 日産自動車ニュースルーム.(2016/09/13)