電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月の記事

2016/01/31

BMW「i3」一充電走行距離が345kmに?

リンク: BMWの電気自動車「i3」、間もなくマイナーチェンジで航続距離が50%増しに - Autoblog 日本版.

BMW i3」は、次のマイナーチェンジで、一充電走行距離が50%増え、約120マイル(約193km)に伸びるかもしれないと伝えています。日本のJC08モードでは、現在一充電走行距離は229kmとなっていますから、これが343.5kmへと伸びるということです。

マイナーチェンジの詳細についてはわからないそうですが、記事では、「主にリチウムイオン電池の改良によりもたらされる」と書いています。炭素繊維などの多用により車重をより軽くするなどの方策もとったのでしょうが、にわかに信じがたい伸び率です

「BMWは現行オーナー向けに有償のアップグレードを提供するという話もある」とのことですから、既存オーナーも含めてこの先の発表が楽しみです。

また、リチウムイオン電池がこれほどの進化を遂げているとすれば、他の電気自動車へもいずれ広がることが予想され、これからが楽しみな1年となりそうです。

2016/01/29

三重県伊勢の旅館 普通充電器24基

リンク: 伊勢の旅館「海の蝶」にEV普通充電器24台設置 宿泊中に満充電 - 伊勢志摩経済新聞.(2016/1/28)

普通充電器 設置数 ランキング(修正).(2016/1/21)で多くの普通充電器が一カ所に設置され始めているとこを伝えましたが、この記事では、三重県伊勢市の「旅荘 海の蝶(ちょう)」に普通充電器24台が設置されたと伝えています。一つの宿泊施設にこれだけ多く設置したところは珍しいでしょう。(引用:社長「一度にEV普通充電器24台の設置は、国内の宿泊施設の中で最多だと思う」)

同館の客室は57部屋だそうですから、満室の場合に2組に1台は電気自動車での客になるという想定でしょうか。

このような宿泊施設はますます増えていってほしいものです。

ただし、記事の最後には「充電器の利用は当面宿泊者など利用者に限る」とありますが、充電器検索アプリ「EVsmart」には、24時間対応で1月27日より日本充電サービス(NCS)のスポットとして登録されています。記事にも「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」などを使い、とありますから設置後は公開しなければならず、日本充電サービス対応のカードを持っている人なら、宿泊者でなくても利用は可能でしょう。(加筆:コメントによると一般公開しなくても良い場合があるそうですから、使用予定の場合は、事前に旅館へお問い合わせください)

2016/01/28

三菱 i-MiEVなどの2015年12月度 販売実績

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.(2016/01/27)

アウトランダーPHEV以外は全国軽自動車協会連合会にの「軽四輪車通称名別新車販売確報」よる)

全体の車の販売数が減少している中でアイミーブミニキャブミールトラックの台数が、わずかでも増えていることは驚きです。

ガソリン安を反映して、ガソリン車の『アウトランダー』が233台と『アウトランダーPHEV』518台には台数で及びませんが、前年比324%と大きく販売台数を伸ばし堅調です。(10月441台:前年比479.3%、11月282台:前年比366.2%)

ガソリン車の『アウトランダー』Gグレードは約252万円からですが、『アウトランダーPHEV』はMグレードでも約360万円からと108万円もの差がありますです。『アウトランダーPHEV』には、クリーンエネルギー補助金が29万円(上限)でたり、取得税が免税になるなどエコカー減税の恩恵があったりして、その差が約38万円縮まるとしても約70万円の差は購入者にとって魅力的でしょう。

1

2009年11月から2015年12月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

i-MiEV (上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)

MINICAB-MiEV (赤色)

アウトランダーPHEV(緑色)

MINICAB-MiEV TRUCK(紫色)

  アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック
国内販売総数 10379 6061 30668 940

↓2015年度合計

409 321 8767 94
03月
02月
01月
12月 35 21 518 11
11月 23 27 814 8
10月 21 26 1145 4
09月 73 57 1896 15
08月 68 44 1313 9
07月 73 32 2383 9
06月 59 51 221 19
05月 38 45 289 14
04月 19 18 188 5
アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2014年度合計

824 781 8629 181
03月 60 44 796 22
02月 82 52 603 25
01月 84 84 830 20
12月 70 57 608 22
11月 92 76 558 22
10月 102 93 538 18
09月 97 110 1450 6
08月 51 87 457 10
07月 102 124 700 4
06月 41 17 1300 14
05月 25 12 563 10
04月 18 25 226 8
アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2013年度合計

1099 1006 8968 181
03月 130 124 736 30
02月 238 98 1630 16
01月 55 42 1298 17
12月 82 59 1488 9
11月 66 92 1705 9
10月 75 93 560 15
09月 95 137 772 21
08月 54 71 776 9
07月 68 93 - 14
06月 70 79 - 9
05月 62 71 - 7
04月 100 71 3 25
アイ・M ミニキャブ・M アウトランダーPHEV M-トラック

↓2012年度合計

2205 2026 4304 436
03月 358 344 1719 269
02月 377 317 2079 167
01月 79 58 506 48
12月 137 121
11月 189 133
10月 141 128
09月 212 197
08月 86 107
07月 157 200
06月 288 256
05月 142 134
04月 39 31
アイ・M ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552 1927 三菱自発表,2012年3月国内外の累計数:26000
03月 117 123
02月 446 590    
01月 341 467    
12月 359 747    
11月 326 MINICAB-MiEV12月販売     
10月 244      
09月 340      
08月 207      
07月 61 Mグレード販売  
06月 40    
05月 34    
04月 37    
アイ・M    

↓2010年度合計

2542    
03月 102 震災    
02月 321      
01月 219      
12月 164      
11月 172      
10月 179      
09月 277      
08月 221      
07月 383      
06月 390      
05月 53      
04月 61 個人販売    
アイ・M      

↓2009年度合計

748      
03月 101
02月 151
01月 188
12月 145
11月 163

(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日から法人販売)

2016/01/27

ホンダ 110キロ走行するPEHV

リンク: ホンダ次世代PHV、電気で100キロ以上走行へ:朝日新聞デジタル.(2016/01/24)

ホンダは、次のPHEVモデルで、一充電走行距離を110キロ程度に延ばそうとしていると伝えています。これは、2015/10/17に伝えた 電気自動車ニュース: ホンダも電動化へ.の新たな追加記事のようです。

ちなみに三菱アウトランダーPHEVは60・8キロですが、現行のホンダ アコードPHVは、37.6キロでしかありません。そのために、ホンダは「充電池の性能を高めて同じ大きさでためられる電気の量や出力を伸ばし、モーターの効率も改善」するとしています。

ホンダは燃料電池車(FCV)の普及まではPHVをエコカーの柱にするとしていますが、理由は以下のようなことでしょう。

トヨタも電動化へ(2015/10/14)でも書いたようにカリフォルニア州は、2017年からメーカーに販売を義務づけるエコカーに「ハイブリッド車」を除いています。また、EUやカリフォルニアのCO2規制をクリアするために、メルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲン等の海外メーカーは、次々とPHVを市場に投入していますから、「ハイブリッド車」を多く販売するホンダとトヨタは方針転換を迫られていました。(電気自動車ニュース: ホンダも電動化へ.2015/10/17)

以下、海外メーカーも続々とPHEVを発売します。

リンク: 【BMW 225xe アクティブツアラー】前輪はエンジン、後輪はモーターのみで駆動 | レスポンス.(2016/01/23)

リンク: 【ボルボ XC90 新型】フラッグシップSUV、774万円から発売…PHVも日本初導入 | レスポンス.(2016/01/27)

リンク: 新型シボレー「ボルト」はEV走行で180kmの距離を走行可能 - Autoblog 日本版.(2016/01/26)

「EVのように「電池切れ」を心配する必要がなく、ガソリン車からも買い替えやすいエコカーと言われている」としていますが、100キロ以上走れば普段乗りには十分ですから、しばらくすると、ほとんどエンジンを回さなくなったPHEVユーザーは、これならEVでも十分だとエンジンのない分安いEVへとやがて流れるかもしれません。

リンク: 電気自動車ニュース: 2020年 ホンダ 電気自動車を発売.(2015/12/04)

リンク: 電気自動車ニュース: 三菱の新型PHEV、2017年と2019年に登場 軽EVは?.(2016/01/23)

また、急速充電器は無理でしょうが、PHVの普及を目指し始めたトヨタのように、ホンダの営業所にも200Vの普通充電器は今後整備されていくでしょうから、24時間開放されれば緊急の場合に利用できるというメリットが生まれ、ホンダの電動化はアイミーブやリーフに乗っている既存ユーザーにとっても朗報となるでしょう。(電気自動車ニュース: ホンダも電動化へ.2015/10/17)

2016/01/26

高速道路 充電器休止・開始情報

リンク: EV急速充電スタンド | 施設・サービス案内 | サービスエリア・お買物 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本.

NEXCO 中日本は、以下の所で利用できない時間帯・利用できるようになるPAがある旨告知しています。

また、NEXCO西日本も、 給電スタンド 電気自動車急速充電設備.で今後利用できるようになるSA・PAがある旨告知しています。

その他のSA・PA運休情報は、ジャパンチャージネットワーク.をご覧ください。

新東名高速道路の清水PA(NEOPASA清水)は上下線とも、2016年1月29日15時にサービス開始予定となりました。

 

1月27日

10時~12時休止 名神高速道路 尾張一宮PA(上)

14時~16時休止 名神高速道路 尾張一宮PA(下)

 

1月28日

10時~12時休止 中央自動車道 諏訪湖SA(上)

13時~15時休止 中央自動車道 諏訪湖SA(下)

 

1月29日 

12時開始 中央自動車道富士吉田線 谷村PA(上・下)

15時開始 九州自動車道 基山PA(上・下)

15時開始 九州自動車道 山江SA(上・下)

13時~15時休止 長野自動車道 梓川SA(上)

10時~12時休止 長野自動車道 梓川SA(下)

15時 新東名高速道路 清水PA(NEOPASA清水)(上・下)

20160123_83323


2016/01/24

新東名高速道路 岡崎SAの充電器設置お祝いオフ(日時変更)

リンク: 電気自動車ニュース: 新東名高速道路 岡崎SAの充電器設置お祝いオフ(日時変更).

日時は、2016年2月20日(土曜日) 10時へと変更されました。

当初予定していました開通当日の13日(土)は、会場としている岡崎SAが混雑すると予想されるからです。予定されていた方には申しわけありませんが、1週間延びましたので、ご承知おきください。

2016/01/23

三菱の新型PHEV、2017年と2019年に登場 軽EVは?

リンク: 三菱の新型SUV、2017年と2019年に登場…RVR 後継車 | レスポンス.(2016/01/21)

三菱自動車は、1月中旬に北海道で行ったウインター試乗会で、2017年度にコンパクトSUVを、『RVR』の後継を2019年度に投入すると明らかにしたと伝えています。どの車も『アウトランダー』と同じように「エンジン車」と「電動車」の両方をラインアップするそうです。アウトランダーPHEVはよく売れていますから、それぞれ「電動車」を併売してくるのは当然でしょう。

気になったところは、相川哲郎社長の「半年後あたりからお見せできるクルマが出てくるはず」と「クロスオーバーSUVは大、中、小の3車種で、それぞれにエンジン車と電動車の両方で6車種に」というところです。最初の記事には2車種しか出てきませんから「半年後」に出てくるのが、「小」の「エンジン車」と「電動車」でしょうか。

「電動車」と書いているだけなので、それがPHEVなのかEVなのかわかりにくいのですが、「三菱自動車はSUVとEVそしてPHEV、こういう組み合わせで」とも書いているところからすると、この「小」が待望の軽電気自動車でしょうか。そういえば、以下のような記事を書いたことがありました。

リンク: 電気自動車ニュース: 日産、2016年にEV2車種発売!.(2015/01/03)

ところで、以下のように次世代自動車振興センターが1月30日から愛媛・山口・香川・岡山の4ヵ所で「クリーンエネルギー自動車体験試乗会」を開催するそうなのですが、そこに三菱のアイミーブの姿はありません。(アウトランダーPHEVが出ています)軽EVの姿を早くみたいものです。

リンク: クリーンエネルギー自動車体験試乗会|一般社団法人次世代自動車振興センター.(2016/01/22)

2016/01/21

「電気自動車をみんなのあたりまえにする!」


YouTube: 日産リーフ「電気自動車の時代」篇

リンク: 日産:動画ギャラリー.

三菱にも軽EV発売のおりには、CMをどんどん流してほしいものです。

2016/01/19

沖縄で「ちゅらまーい Ha:mo」

リンク: トヨタ | 沖縄 TOP | Ha:mo TOYOTA.

トヨタ自動車は、沖縄県本部町で電気自動車(コムス)を使ったシェアリングサービス「ちゅらまーい Ha:mo」を始めたと告知しています。


YouTube: ちゅらまーい Ha:mo コンセプトムービー 2015

Ha:mo

一充電走行距離の短い超小型モビリティ(コムス)でも、移動距離の限られた島内であれば、安心して普通車では乗り入れにくい狭い道や少し遠い場所へもアクセスできますし、冬でも暖かな沖縄では、ドアのないコムスでも快適な走行ができることでしょう。

実証実験は、1月18日から12月末まで行われ、コース料金は、「ちょっと寄り道細道体験」が2時間3000円で「たっぷり古宇利島ルート」は4時間5000円となっています。

電気自動車ニュース: トヨタとパーク24、シェアリングサービスの実証実験.(2015/09/29)

リンク: トヨタ、沖縄で1人乗りEVの実証実験開始  :日本経済新聞.

浜松市の急速充電器

リンク: 道の駅にEV充電器 山間地に活力チャージ? 浜松|静岡新聞アットエス.

浜松市内全ての道の駅《くんま水車の里(天竜区熊)、いっぷく処横川(同区横川)、花桃の里(同区大川)》に急速充電器が2015年度内に設置されると伝えています。

ところが、市が電気料の基本料金を負担するなどの優遇策をとるわりに、既にある区役所の利用状況が芳しくないとありました。

気になったので、充電器の検索アプリであるEVsmartで調べてみると利用されない原因が見えてきました。それは、利用しやすさの違いでした。

多い月で70~80台利用するという最も利用頻度の高い「南区役所」は、時間が8時30分から17時30分までと限られていますが、土日・祝祭日も使うことができますし、日本充電サービス(NCS)に登録してありますから、対応するカードさえ持っていれば手軽に充電することができます。(「北区役所」も同じ)

それに対して無料から有料化へ移行するとともに60台から3台へと急激に利用回数が落ちたという「中区役所」は平日しか利用することができず、祝祭日はもちろん土日も使うことはできません。さらに、充電サービス(NCS)に対応していませんから駐車料金の500円を払って受付をし、その後に係員にカギを開けてもらって充電する方式だそうです。(充電器利用の旨を伝えれば無料処理してもらえるとEVsmartにはあります)

利用条件に「電気のみで走行する車両は、電欠の恐れがある場合、電気とガソリンで走行する車両は、電欠の恐れがありかつ、ガス欠の恐れがある場合に使用可」とありますから、無料で開放していた期間に、自宅での電気節約のために自宅で使う分も電気自動車に充電して持ち帰るといった「盗電」のような行為をしていた人がいたか、業務で使うタクシーなどによる占有が多かったかでこのような対策になったのかもしれません。また、「南区役所」でできている利用方法がなぜ「中区役所」でできないのか、わかりませんが、駐車スペースの構造や充電器の設置場所にあるのかもしれません。

しかし、浜松市は「温室効果ガスの削減などを目的」に充電器を設置しているとしているそうですから、維持費を税金で払っている以上、利用率を上げることが必然的に求められるでしょう。

もし駐車スペースの構造で休日の進入ができないとしても、少なくとも充電サービス(NCS)に対応することで平日での利便性は向上するのではないでしょうか。

「静岡新聞」にしても「需要の見込みや設置効果は未知数だ」と突き放した書き方をしないで、掘り下げて取材をし、課題を解決するような提案をしてほしいものです。