電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015/01/31

燃料電池車、電気自動車よりも優れた点?

リンク: 第1回 燃料電池車はEVよりも何が優位か? - 設計力向上 - 日経テクノロジーオンライン.(2015/01/28)

トヨタ「MIRAI」の開発責任者、田中義和氏が、インタビューの中で燃料電池車が電気自動車よりも優れている点を以下のように述べています。

・(電気自動車は)現時点では、航続距離に制限がある(燃料電池車は航続距離が長い)

「現時点では」と述べている辺りは、将来の不確定さを表しているのでしょう。

北米国際自動車ショー2015でお披露目されたシボレー「ボルトEV コンセプト」は、航続距離200マイル(約322km)を目指していますから、シボレーはそれだけの電池性能の向上を見越しているのでしょう。

・クルマとしての使い勝手(がよい)

・MIRAIはガソリン車並みの約3分で水素をフル充填できる

「フル充填に3分」は燃料電池車の紹介によく出てくるフレーズですが、電気自動車の「急速充電設備を使えば30分程度で充電できますが、前に2台いたら1時間半」かかると同じような問題は、燃料電池車でも本当のところはかかえているようです。

水素の充填に関する問題点は、舘内端氏の「トヨタの危機」(P251)に詳しくありますが、「3分」というのは、あらかじめ大量の水素を作っておいて、それを何本もの水素ボンベに蓄えて置いた場合にのみ可能です。

燃料電池車の水素充填量は約5キログラムだそうです。(122.4リットル)3分で5キログラムの充填を連続して行うには、単純計算で30分で50キログラム(10台分)、1時間で100キログラム(20台分)の水素が必要ですが、水素ステーションがオフサイト型の場合は、この備蓄分がなくなれば配送されるのを待つしかありません。

(オフサイト型 :ほかの場所で製造した水素をステーションまで運んできて水素タンクに貯蔵しておき、そこから直接燃料電池車に充填するシステム)

昭和シェル・岩谷産業の有明水素ステーションは、液体水素を10000L貯めることができるそうで、1台には10分以内に充填できると一番下の資料にあります。(液体水素で130台、圧縮水素で200台分)

(ガソリンスタンドは30KLが基本貯蓄容量だそうで、40Lのタンク容量のガソリン車なら750台に給油可能)

水素ステーションには、都市ガスなどの燃料から水素を製造する方式「オンサイト方式」もありますが、こちらはもっと連続充填が難しくなります。

ホンダが「さいたま市東部環境センター」に設置した水素ステーションの水素製造能力は1日24時間で1.5kg、パッケージ内には約18kgの水素を貯蔵することができるそうですが、5キログラム充填が可能な燃料電池車は3台まで、その後の車は水素が製造されるまで満充填に1日以上待たなくてはなりません。

ホンダのこの水素ステーションは、コンパクトなタイプなので例外としても、メタノール水を改質する川崎水素ステーションは、2000Lの水素ガスを蓄えることができるそうですが、乗用車には連続5台までしか、供給能力がないとありますし、ましてや製造能力は1時間に4.5キログラムですから、6台目は充填に1時間近く待たされることになります。

このあたりは、田中氏が「現状では水素の供給インフラが未整備なので使い勝手に制限があります」と述べている点に相当するのだと思います。

これに対して電気自動車は、何台来ようがほとんどの車が30分で80パーセント充電することができます。(車種や外気温などの条件によって充電時間や充電量は左右される)

上記の2点、燃料電池車の優位性を語りながらもインタビューの冒頭では以下のように述べていますから、トヨタから「i-ROAD」や「コムス」以外の電気自動車が将来出てきてもおかしくありません。

我々はEVを否定するつもりは全くありません。特に近距離のコミューターとして使うには最適だと思います。明日使う電気を夜寝ている間に家で充電できますから。電気は家まで来ているので、こうした使い方ならインフラの問題もありません

また、「トヨタ自動車も電池研究部という組織をつくって全固体電池などの研究を進めて」いるとしていますから、電気へと流れが変わった場合の保険は十分にかけているようです。

リンク: 水素ステーション.indd - station.pdf.

2015/01/30

日本充電サービス(NCS)充電スポット一覧表

リンク: NCS_ChargerList.pdf.

日本充電サービス(NCS)の充電スポット一覧表が毎日更新されています。設置されたもののネットワークにつながっていなかったものが、ようやく動き始めたようです。

高速道路のSA/PA、コンビニエンスストア、道の駅、宿泊施設等に設置された全国の急速充電器および普通充電器リストです。(三菱販売店や日産販売店は除かれています)

  • 2015/01/30更新 670基(普通164)
  • 2015/01/27更新 570基(普通162)
  • 2015/01/20更新 425基(普通157)
  • 2014/12/18更新 198基(普通30)
  • 2014/12/09更新 160基(普通16)
  • 2014/11/26更新 125基

ご利用の際は、事前に店舗へ電話で問い合わせるなどして充電器が動いていることをご確認ください。

滋賀県内5箇所のみと地域的にはまだ片寄りがありますが、急速充電器が整備されながら日本充電サービス(NCS)のネットワークに接続されていないところも見うけられるので、今後も数は増え続けていくことでしょう。

2015/01/29

NEXCO 西日本 上板SAが運用開始

リンク: 給電スタンド 電気自動車急速充電設備 | NEXCO 西日本.

NEXCO西日本は、2015年1月30日 15時00分より徳島自動車道 上板SA(上り線)・上板SA(下り線)が運用開始するとしています。

2014年 日本製EV米国販売

リンク: 日本製EV米国販売、日産 リーフ が首位…前年比33.6%増の3万台超え 2014年 | レスポンス.

2014年の米国販売実績を報告しています。

日産『リーフ』、過去最高の3万0200台(前年比33.6%増)

三菱『i-MiEV』、196台(前年比81%減)

ホンダ『フィットEV』、407台(前年比28.4%減)

トヨタ『RAV4 EV』、1184台(前年比8%増

2015/01/28

三菱 i-MiEVなどの2014年12月度 生産・販売実績

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.

アイミーブ を含め三菱の電気自動車は、発売後6年たっても、今月も細々とほぼ前月と同じ国内販売数になっています。

ガソリン価格は低下の傾向にありますし、日産と共同開発している次期、軽EVが出てこないことには販売は上向かないでしょう。

アウトランダーPHEVは一定の売り上げを保っています。

1

2014年12月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値による)

i-MiEV (表中の青色): 9744台(2009年7月〜10月の記録なし)

MINICAB-MiEV (表中の赤色): 5560台

アウトランダーPHEV(表中の緑色): 19672台

MINICAB-MiEV TRUCK(表中の紫色): 731台

(ミニキャブミーブトラックは,全国軽自動車協会連合会のホームページによる)

(以下,MINICAB-MiEV はMINICAB-MアウトランダーPHEV はPHEVに,MINICAB-MiEV TRUCKM-TRUCKに略)

↓2014年度合計(i-MiEV 598台,MINICAB-M 601台,PHEV 6400台,M-TRUCK 114台)

12月:i-MiEV 70,MINICAB-M 57,PHEV 608,M-TRUCK 22
11月:i-MiEV 92,MINICAB-M 76,PHEV 558,M-TRUCK 22
10月:i-MiEV 102,MINICAB-M 93,PHEV 538,M-TRUCK 18
09月:i-MiEV 97,MINICAB-M 110,PHEV 1450,M-TRUCK 6
08月:i-MiEV 51,MINICAB-M 87,PHEV 457,M-TRUCK 10
07月:i-MiEV 102,MINICAB-M 124,PHEV 700,M-TRUCK 4
06月:i-MiEV 41,MINICAB-M 17,PHEV 1300,M-TRUCK 14
05月:i-MiEV 25,MINICAB-M 12,PHEV 563,M-TRUCK 10
04月:i-MiEV 18,MINICAB-M 25,PHEV 226,M-TRUCK 8

↓2013年度合計(i-MiEV 1099台,MINICAB-M 1006台,PHEV 8968台,M-TRUCK 181台)

03月:i-MiEV 130,MINICAB-M 124,PHEV 736,M-TRUCK 30
02月:i-MiEV 238,MINICAB-M 98,PHEV 1630,M-TRUCK 16
01月:i-MiEV 55,MINICAB-M 42,PHEV 1298,M-TRUCK 17
12月:i-MiEV 82,MINICAB-M 59,PHEV 1488,M-TRUCK 9
11月:i-MiEV 66,MINICAB-M 92,PHEV 1705,M-TRUCK 9
10月:i-MiEV 75,MINICAB-M 93,PHEV 560,M-TRUCK 15
09月:i-MiEV 95,MINICAB-M 137,PHEV 772,M-TRUCK 21
08月:i-MiEV 54,MINICAB-M 71,PHEV 776,M-TRUCK 9
07月:i-MiEV 68,MINICAB-M 93,PHEV 0,M-TRUCK 14
06月:i-MiEV 70,MINICAB-M 79,PHEV 0,M-TRUCK 9
05月:i-MiEV 62,MINICAB-M 71,PHEV 0,M-TRUCK 7
04月:i-MiEV 100,MINICAB-M 71,PHEV 3,M-TRUCK 25

↓2012年度合計(i-MiEV 2205台,MINICAB-M 2026台,PHEV 4304台,M-TRUCK 436台)

03月:i-MiEV 358,MINICAB-M 344,PHEV 1719,M-TRUCK 269
02月:i-MiEV 377,MINICAB-M 317,PHEV 2079,M-TRUCK 167
01月:i-MiEV 79,MINICAB-M 58,PHEV 506,M-TRUCK 48
12月:i-MiEV 137,MINICAB-M 121
11月:i-MiEV 189,MINICAB-M 133
10月:i-MiEV 141,MINICAB-M 128
09月:i-MiEV 212,MINICAB-M 197
08月:i-MiEV  86,MINICAB-M 107
07月:i-MiEV 157,MINICAB-M 200
06月:i-MiEV 288,MINICAB-M 256
05月:i-MiEV 142,MINICAB-M 134
04月:i-MiEV  39,MINICAB-M 31

↓2011年度合計(i-MiEV 2552台,MINICAB-MiEV 1927台)
(三菱自動車発表,2012年3月末国内「外」の累計:26000台)

03月:i-MiEV 117,MINICAB-M 123
02月:i-MiEV 446,MINICAB-M 590
01月:i-MiEV 341,MINICAB-M 467
12月:i-MiEV 359,MINICAB-M 747
(「MINICAB-MiEV」は2011年12月8日発売)
11月:326
10月:244
09月:340
08月:207
07月:61
06月:40
05月:34
04月:37

↓2010年度合計(「i-MiEV」2542台)

03月:102
02月:321
01月:219
12月:164
11月:172
10月:179
09月:277
08月:221
07月:383
06月:390
05月:53
04月:61

↓2009年度合計(「i-MiEV」748台)

03月:101
02月:151
01月:188
12月:145
11月:163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日発売)

2015/01/27

日本充電サービス(NCS)充電スポット一覧表

リンク: NCS_ChargerList.pdf.

日本充電サービス(NCS)の充電スポット一覧表が更新されていました。ここのところ毎日のように更新されています。設置されたもののネットワークにつながっていなかったものが、ようやく動き始めたようです。(2015/01/23の更新数はカウントミスがあったため削除しました)

高速道路のSA/PA、コンビニエンスストア、道の駅、宿泊施設等に設置された全国の急速充電器および普通充電器リストです。中央高速道路の談合坂SA上りは、2基が1月27日から稼働しています。(開始予定日が27日以降のところも含まれています。また、三菱販売店や日産販売店は除かれています)

  • 2015/01/27更新 570基(普通162)
  • 2015/01/20更新 425基(普通157)
  • 2014/12/18更新 198基(普通30)
  • 2014/12/09更新 160基(普通16)
  • 2014/11/26更新 125基

ご利用の際は、事前に店舗へ電話で問い合わせるなどして動いていることをご確認ください。

滋賀県内は名神の多賀SAのみなど地域的にはまだ片寄りがありますが、滋賀県内4店舗のファミリーマートに急速充電器が整備されながら日本充電サービス(NCS)のネットワークに接続されていませんので、今後も数は増え続けていくことでしょう。

2015/01/26

NEXCO 西日本 南国SAが運用開始

リンク: 給電スタンド 電気自動車急速充電設備 | NEXCO 西日本.

NEXCO西日本は、2015年1月27日 15時00分より高知自動車道 南国SA(上り線)・南国SA(下り線)が運用開始するとしています。

2015/01/25

日本充電サービス(NCS)充電スポット一覧表

リンク: NCS_ChargerList.pdf.(2015/01/23)

日本充電サービス(NCS)の充電スポット一覧表が更新されていました。

高速道路のSA/PA、コンビニエンスストア、道の駅、宿泊施設等に設置された全国の急速充電器および普通充電器リストです。(開始予定日が23日以降のところも含まれています。また、三菱販売店や日産販売店は除かれています)

  • 2015/01/23更新 533基(普通163)
  • 2015/01/20更新 425基(普通157)
  • 2014/12/18更新 198基(普通30)
  • 2014/12/09更新 160基(普通16)
  • 2014/11/26更新 125基

一覧表には載っていますが、急速基数も普通もゼロと表示されている場合がいくつも見うけられます。たとえば、富山県の「ファミリーマート滑川中川原店」です。他の店舗からすると実際には急速充電器でしょうからそちらにカウントしています。ご利用の際は、事前に電話で問い合わせるなどしてご確認ください。

滋賀県内は名神の多賀SAのみなど地域的にはまだ片寄りがありますが、滋賀県内の一部のファミリーマートに急速充電器が整備されながら日本充電サービス(NCS)のネットワークに接続されていないところも見うけられますので、今後も増え続けていくことでしょう。

2015/01/24

充電器設置(滋賀県 長浜ロイヤルホテル)

滋賀県長浜市にあるロイヤルホテルの急速充電器が1月下旬から稼動予定との話を聞いたので、見に行ってきました。下のように急速充電器1基と普通充電器2基です。これで長浜ロイヤルホテルは、急速充電器1基、普通充電器3基態勢になるので、電気自動車ユーザーには便利なホテルになりそうです。

P1060397急速充電器はニチコン製ですが、形式を記録し忘れたので出力は不明です。ホテルから少し離れた第2駐車場の隅にあります。

P1060400 普通充電器は内外電機製で、ホテル建物の近くにあります。普通充電器はすぐにでも稼動しそうでしたが、電源が入っていませんでした。

認証は、両方ともエコQ電になっていましたが、象のマークは貼っていなかったため、日本充電サービスに入っていないようです。

P1060387

以前からあった下の普通充電器のように宿泊者のみが使えるのか、エコQ電で登録すれば宿泊者以外も利用できるのかは不明です。

P1060401

2015/01/23

リーフに「エマージェンシーブレーキ」搭載

リンク: 日産|日産自動車、「エマージェンシーブレーキ」(自動ブレーキ)の搭載車種を拡大.

日産は、安全に減速できなかった場合、自動的に緊急ブレーキを作動させる「エマージェンシーブレーキ」を2015年度中に、リーフを含むほぼ全てのカテゴリーに搭載すると発表しています。

ですからリーフの「マイナーチェンジ」は、2015年度中に行われるようですが、「ボルト EV コンセプト」は航続距離300kmを目指しているそうですから、この際に2016年としている「フルモデルチェンジ」の前倒しを日産には期待したいものです。

シボレー「ボルト EV コンセプト」航続距離は322km?(2014/12/22)

日産、2016年にEV2車種発売!(2015/1/3)

リンク: 日産片桐副社長「15年度の国内は基盤固めの年」 | レスポンス.(2015/1/23)

日産は16年度からは量販型の新モデル投入や主力車の改良、EVのモデル刷新などに取り組んでいく方針