電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月の記事

2014/08/30

神奈川のファミマに充電器

リンク: コンビニにEV充電器 | 秦野 | タウンニュース.

ファミリーマート秦野中央店・秦野曽屋店に急速充電器が設置され、8月18日から充電サービスを開始していると伝えています。

出力20〜30kw、1回約20分で80%充電ができるそうですから中速充電器です。設置代や電気代等はジャパンチャージネットワークが負担しと記事にはありますが、設置費用は補助金でまかなわれるのでしょう。店側には設置協力・管理料として1店舗につき月3000円が支払われるそうです。

横須賀須軽谷店、松山横須賀あわた店の2店にも同時に設置されています。

 ファミリーマート 神奈川県内4店舗 にて8月18日より充電サービスが始まります!(2014.08.18)

ジャパンチャージネットワーク(日産系)

ファミリーマート全国500店に急速充電器設置(2014/04/28)の記事には、「6月から9月にかけて導入する」と書きましたが、滋賀県内でリストアップされた店舗では、その基礎工事の様子さえ見えませんから、県によっては予定は未定なのかもしれません。

EV専任整備士育成

リンク: EV専任整備士育成へ/三菱自工 | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-.

沖縄県宮古市では、EV普及には欠かせないEVの専任技術者のための育成事業を開始すると報じています。

エコアイランドを展開する宮古島内にはi-MiEVシリーズが90台もあるそうですから驚きです。先日、移動中に6台もリーフを確認しましたが、ガソリン車のアイとはすれ違うものの残念ながらi-MiEVには1台も出会いませんでした。

2014/08/28

三菱 i-MiEVなどの2014年7月度

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.

販売末期のはずが「i-MiEV」は、いっきに盛り返して6月の41台から7月は102台となりました。もともと少ない数ですから「いっきに」というのもヘンですが。

消費増税の影響をあまり受けなかったところを見ると、ガソリン価格があがっていた頃ですから、EVが注目されたのかもしれません。もしそうであれば、いずれ石油採掘量は減っていくのですから、長期的な視点でEVは普及していってほしいものです。

リンク: 【新聞ウォッチ】“消費増税ショック”…7月の乗用車国内生産、11か月ぶりマイナス | レスポンス.(2014/08/29)

1

今日は、田舎でもリーフ2台とすれ違いました。EVもすこしずつではありますが、広がりを見せているようです。

2014年7月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値による)

i-MiEV (表中の青色): 9332台(2009年7月〜10月の記録なし)

MINICAB-MiEV (表中の赤色): 5137台

アウトランダーPHEV(表中の緑色): 16061台

MINICAB-MiEV TRUCK(表中の紫色): 653台

(ミニキャブミーブトラックは,全国軽自動車協会連合会のホームページによる)

(以下,MINICAB-MiEV はMINICAB-MアウトランダーPHEV はPHEVに,MINICAB-MiEV TRUCKM-TRUCKに略)

↓2014年度合計(i-MiEV 186台,MINICAB-M 178台,PHEV 2789台,M-TRUCK 36台)

07月:i-MiEV 102,MINICAB-M 124,PHEV 700,M-TRUCK 4
06月:i-MiEV 41,MINICAB-M 17,PHEV 1300,M-TRUCK 14
05月:i-MiEV 25,MINICAB-M 12,PHEV 563,M-TRUCK 10
04月:i-MiEV 18,MINICAB-M 25,PHEV 226,M-TRUCK 8

↓2013年度合計(i-MiEV 1099台,MINICAB-M 1006台,PHEV 8968台,M-TRUCK 181台)

03月:i-MiEV 130,MINICAB-M 124,PHEV 736,M-TRUCK 30
02月:i-MiEV 238,MINICAB-M 98,PHEV 1630,M-TRUCK 16
01月:i-MiEV 55,MINICAB-M 42,PHEV 1298,M-TRUCK 17
12月:i-MiEV 82,MINICAB-M 59,PHEV 1488,M-TRUCK 9
11月:i-MiEV 66,MINICAB-M 92,PHEV 1705,M-TRUCK 9
10月:i-MiEV 75,MINICAB-M 93,PHEV 560,M-TRUCK 15
09月:i-MiEV 95,MINICAB-M 137,PHEV 772,M-TRUCK 21
08月:i-MiEV 54,MINICAB-M 71,PHEV 776,M-TRUCK 9
07月:i-MiEV 68,MINICAB-M 93,PHEV 0,M-TRUCK 14
06月:i-MiEV 70,MINICAB-M 79,PHEV 0,M-TRUCK 9
05月:i-MiEV 62,MINICAB-M 71,PHEV 0,M-TRUCK 7
04月:i-MiEV 100,MINICAB-M 71,PHEV 3,M-TRUCK 25

↓2012年度合計(i-MiEV 2205台,MINICAB-M 2026台,PHEV 4304台,M-TRUCK 436台)

03月:i-MiEV 358,MINICAB-M 344,PHEV 1719,M-TRUCK 269
02月:i-MiEV 377,MINICAB-M 317,PHEV 2079,M-TRUCK 167
01月:i-MiEV 79,MINICAB-M 58,PHEV 506,M-TRUCK 48
12月:i-MiEV 137,MINICAB-M 121
11月:i-MiEV 189,MINICAB-M 133
10月:i-MiEV 141,MINICAB-M 128
09月:i-MiEV 212,MINICAB-M 197
08月:i-MiEV  86,MINICAB-M 107
07月:i-MiEV 157,MINICAB-M 200
06月:i-MiEV 288,MINICAB-M 256
05月:i-MiEV 142,MINICAB-M 134
04月:i-MiEV  39,MINICAB-M 31

↓2011年度合計(i-MiEV 2552台,MINICAB-MiEV 1927台)
(三菱自動車発表,2012年3月末国内「外」の累計:26000台)

03月:i-MiEV 117,MINICAB-M 123
02月:i-MiEV 446,MINICAB-M 590
01月:i-MiEV 341,MINICAB-M 467
12月:i-MiEV 359,MINICAB-M 747
(「MINICAB-MiEV」は2011年12月8日発売)
11月:326
10月:244
09月:340
08月:207
07月:61
06月:40
05月:34
04月:37

↓2010年度合計(「i-MiEV」2542台)

03月:102
02月:321
01月:219
12月:164
11月:172
10月:179
09月:277
08月:221
07月:383
06月:390
05月:53
04月:61

↓2009年度合計(「i-MiEV」748台)

03月:101
02月:151
01月:188
12月:145
11月:163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日発売)

i-MiEVの駆動用電池について サービス キャンペーン

リンク: リコール等の重要なお知らせ | ユーザーサポート/カーライフ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN.

i-MiEVの駆動用電池の下面に取付けられるアンダーカバーの取付け構造が不適切なため、カバー上部から侵入した泥等がカバー内に滞留する場合があり、その泥等の影響で駆動用電池フレームが腐食するおそれがあるそうです。

リコール等対象車両検索はこちらでできます。

私のi-MiEV Mグレードはこれも対象車両でした。

リンク先のページタイトルは「リコール」となっていますが、「サービス キャンペーン 」の扱いです。

i-MiEV・MINICAB-MiEVの制御装置、電気装置のリコール

リンク: リコール等の重要なお知らせ | ユーザーサポート/カーライフ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN.

i-MiEV・MINICAB-MiEVの以下の3点がが不適切なためと『リコール』情報が出ています。

  1. ブレーキ倍力装置に負圧を供給するブレーキ負圧電動ポンプの制御用リレーのカシメ管理
  2. ブレーキ負圧電動ポンプを制御するEV ECUの制御プログラム
  3. ブレーキ負圧電動ポンプの排気穴の位置」制御装置、電気装置

リコール等対象車両検索はこちらでできます。

私のi-MiEV Mグレードは対象車両でした。

EVの「常識」?

リンク: (ヒット!予感実感)常識打ち破る電気自動車 BMW「i3」:朝日新聞デジタル.

「BMW i3」のレポートを載せていますが、記事の中に勘違いしている部分がいくつかありましたので、書き足しておきます。

私は、レンタカーの感覚で「満タン」(フル充電)にして返そうと、東京都中央区役所にある無料ステーションで充電しようとした。電池の残り容量は8割なのですぐに充電完了かと思ったが、さらに30分程度かかった。

記事にあるように「急速充電器ならば、30分で80%の充電が可能」なのですから、残りの容量が8割あれば急速充電をしなくてもそのまま返却すれば良かったのでしょうが、親切にも8割から急速充電しようとしたところに落とし穴がありました。ここから充電すれば時間がかかって当たり前でしょう。

このあたりはEV乗りには常識です。電池の種類にもよりますが一般的に急速充電をした場合には、フル充電に近づくにつれて電池を保護するために電流値が下がり、時間あたりの充電量は少なくなっていきます。ですから、時間ばかりがかかりなかなか電気がたまらないという状態が続きます。

急速充電器によっては、8割以上の充電を受けつけない機器もあるようですが、今回の場合は運悪くEV側が受け入れを開始してしまったようですし、「BMW i3」は100パーセント近くまで急速充電することができるようです。

銀座に近いせいか、次々に他の電気自動車が順番待ちの列を作る。さらに普及が進めば、行列が長くなるという可能性が有る。

急速充電のノウハウについては、貸し出す方が事前にきちんと説明しないと、いらぬ充電渋滞を引き起こし、EVに対する余計なマイナスイメージをうえつけてしまうことになるでしょう。

実は、家庭の電源でも8時間でフル充電できる。夜間に充電出来るのは魅力だが、200ボルトの電源にしか対応していないので、専用の充電器を設置するには工賃を含め15万円くらいが必要だ。

自宅のコンセントについては、BMWでは純正のものをすすめているようですが、街の電気屋さんに取り付けてもらえば、コンセントだけなら3500円(税抜き)の部品代+工事手数料でできます。これも今の補助金を使えば、半額で設置することができるはずです。(一般社団法人次世代自動車振興センター)また、自動車メーカーによっては基本工事費は無料で設置しているところもあるようです。

充電設備設置費用支援キャンペーン実施中(2014.07.01)

ただでさえ高い車代の他にコンセントをつけるだけで「15万円」もかかるのかと不安ネタを提供するのではなく、新聞記者なのですから、執筆前にちょっと検索して正確な情報を掲載してほしいものです。

i-MiEV 充電コンセント工事完了(2011/08/17)

中古車をEVに改造

リンク: PRONWEB WATCH:ニュースリリース.

EVhondaでは、第35回目になる「改造電気自動車製作教室」を10月1日から3日間で行うそうです。 興味のある方はご参加ください。

2014/08/26

フォルクスワーゲンの「e-Golf」価格

リンク: Volkswagen社、今秋発売予定のEV「e-Golf」の米国での価格を発表 - 電動化 - 日経テクノロジーオンライン.

2014年11月にアメリカで発売される「e-Golf」の価格を3万5445ドルと発表しているそうです。リチウムイオン電池の容量は24.2kWhで3万5445ドル(約368万円)ということは、電池容量24kWhのリーフのGグレードと同じ価格帯のようです。電池の価格はどんどん下がっているようですから、もう少し安くできるような気もしますが。

リンク: ゴルフのEVモデル「eGolf」がいよいよ発売|Volkswagen | Web Magazine OPENERS - CAR News.(2014.03.14)

2014/08/24

1充電で500kmを平均時速100kmで走破

リンク: 大学生チームが26年ぶりに電気自動車の世界記録を塗り替える - GIGAZINE.

長距離ドライブの目安である「500km」を、1充電でしかも平均速度100km/hで走破したEV「Eve」の紹介をおこなっています。

搭載したリチウムバッテリーが60kgというのはにわかに信じがたいところですが、「普通」のデザインのEVが、時速80kmを越えると電費が極端に落ちるところを平均時速100kmで走り、500kmを走りきったというところはすばらしい記録です。

なお、車体上にはソーラーパネルが載っていますが、EVカーとして記録に挑戦するため発電機能は使用していなかったということです。それならば、パネルをはずせばもっと軽量化でき、速度をあげられただろうにと思います。

2014/08/23

リーフ 「e電費」実験モニター募集

リンク: 【モニター募集】日産 リーフ オーナーの皆様、「e電費」実験にご協力ください! | レスポンス.

日産『リーフ』のデータを使った社会実験モニターの募集を開始したと告知しています。

「レスポンス」と「e燃費」は、日本EVクラブと協力して、リーフのOBD II端子からバッテリー残量や電力回生量など、十数項目の走行情報を集め、EVの開発やドライビング方法の研究に役立てるそうです。リーフ自体は、日産がデータを収集分析していますが、これは独自で行われるものです。

モニター募集期間は8月29日23時59分まで、40人を募るそうです。リーフ乗りの方は協力してみてはいかがでしょう。お申し込みは、リーフ e電費モニター応募フォームからどうぞ。