電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014/05/30

充電インフラネットワーク構築に向けた「日本充電サービス」を設立

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車工業は、5月26日、新会社「日本充電サービス(合同会社:略称NCS)」を共同出資により設立したと発表しています。

現時点で複数の商業施設、旅館・ホテル、コンビニエンスストアや高速道路等の事業体が本件取り組みのもと、充電器の設置を開始している

たとえば、ファミリーマート全国500店に急速充電器設置(2014/04/28)のことです。

リンク: トヨタなど自動車4社が「日本充電サービス」設立 - SankeiBiz(サンケイビズ).(2014.05.30)によると「充電器不足で販売が伸び悩むEV」とありますが、3年近く乗っている現役のEVオーナーとしては、「充電器不足」は特に感じません。感じるのは、EVのよさがなかなか世間に広まらないことです。

「販売が伸び悩む」原因は、「EVの認知不足」とSankeiBizのような憶測による記事にあると思います。たとえば、記事には、以下のような記述があります。

国内には、充電時間が短い急速充電器が約2千基、普通充電器が約3千基(いずれも3月末時点)・・・年内にそれぞれ4千基、8千基を新規で増やす目標を掲げている

CHAdeMO協議会の認定を受けている急速充電器型番一覧を見ると充電器製造会社は19社が登録されています。約5年間で2000基が整備されてきた状況や地方自治体等のビジョンに基づく設置予定の今の進歩状況を見ると、2014年のあと7ヶ月で「新規」に4000基はとても無理でしょう。4000という数字があるとすれば、現在約2000基が動いていますから、新規に2000基作って合計4000基というのが妥当なところでしょう。(これでも機器や設置準備が年内にできるか疑問ですが)

新会社によって「充電カード」が「一枚」になることはありがたいことです。

トヨタ プリウスPHVが今までに何台販売されているか確認できていませんが、200Vの普通充電にしか対応していないPHVのトヨタがこの新会社に出資してきたことは、どのように化けるかもしれないEVに対する保険の意味合いがあるのかもしれません。(トヨタがすすめる燃料電池に押されて、化けないかもしれない。トヨタのニュースリリースにはこの発表がないところがトヨタの立ち位置を示しているでしょう※訂正 いただいたメールにより以下に掲載されていることを確認しました)

リンク: 電動車両(PHV・PHEV・EV)の充電インフラネットワーク構築に向け 新会社「日本充電サービス」を設立 | トヨタグローバルニュースルーム.(2014.05.30)

リンク: 日産|電動車両(PHV・PHEV・EV)の充電インフラネットワーク構築に向け新会社「日本充電サービス」を設立.(2014.05.30)

リンク: Honda | 電動車両(PHV・PHEV・EV)の充電インフラネットワーク構築に向け新会社「日本充電サービス」を設立.(2014.05.30)

「日本充電サービス」設立(2014/05/27)

【PHV・PHEV・EV】充電インフラ普及支援プロジェクト(NCS)

会社案内 :http://www.nippon-juden.co.jp(6月中旬公開予定)

2014/05/29

三菱 i-MiEVなどの2014年4月度 販売実績

リンク: プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS.

4月に一番売れた軽自動車であるダイハツ「タント」でさえ前月比63.2なのですから、消費税アップ前の駆け込み需要の反動は大きいものがありますが、「i-MiEV」はただでさえ少ない台数なのに前月比13.8の18台では、販売末期のようです。

「i-MiEV」はよいEVなのですが。

1

2014年4月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)

i-MiEV (表中の青色): 9164台(2009年7月〜10月の記録なし)

MINICAB-MiEV (表中の赤色): 4984台

アウトランダーPHEV(表中の緑色): 13498台

MINICAB-MiEV TRUCK(表中の紫色): 625台

(ミニキャブミーブトラックは,全国軽自動車協会連合会のホームページによる)

(以下,MINICAB-MiEV はMINICAB-MアウトランダーPHEV はPHEVに,MINICAB-MiEV TRUCKM-TRUCKに略)

↓2014年度(i-MiEV 18台,MINICAB-M 25台,PHEV 226台,M-TRUCK 8台)

04月:i-MiEV 18,MINICAB-M 25,PHEV 226,M-TRUCK 8

↓2013年度(i-MiEV 1099台,MINICAB-M 1006台,PHEV 8968台,M-TRUCK 181台)

03月:i-MiEV 130,MINICAB-M 124,PHEV 736,M-TRUCK 30
02月:i-MiEV 238,MINICAB-M 98,PHEV 1630,M-TRUCK 16
01月:i-MiEV 55,MINICAB-M 42,PHEV 1298,M-TRUCK 17
12月:i-MiEV 82,MINICAB-M 59,PHEV 1488,M-TRUCK 9
11月:i-MiEV 66,MINICAB-M 92,PHEV 1705,M-TRUCK 9
10月:i-MiEV 75,MINICAB-M 93,PHEV 560,M-TRUCK 15
09月:i-MiEV 95,MINICAB-M 137,PHEV 772,M-TRUCK 21
08月:i-MiEV 54,MINICAB-M 71,PHEV 776,M-TRUCK 9
07月:i-MiEV 68,MINICAB-M 93,PHEV 0,M-TRUCK 14
06月:i-MiEV 70,MINICAB-M 79,PHEV 0,M-TRUCK 9
05月:i-MiEV 62,MINICAB-M 71,PHEV 0,M-TRUCK 7
04月:i-MiEV 100,MINICAB-M 71,PHEV 3,M-TRUCK 25

↓2012年度(i-MiEV 2205台,MINICAB-M 2026台,PHEV 4304台,M-TRUCK 436台)

03月:i-MiEV 358,MINICAB-M 344,PHEV 1719,M-TRUCK 269
02月:i-MiEV 377,MINICAB-M 317,PHEV 2079,M-TRUCK 167
01月:i-MiEV 79,MINICAB-M 58,PHEV 506,M-TRUCK 48
12月:i-MiEV 137,MINICAB-M 121
11月:i-MiEV 189,MINICAB-M 133
10月:i-MiEV 141,MINICAB-M 128
09月:i-MiEV 212,MINICAB-M 197
08月:i-MiEV  86,MINICAB-M 107
07月:i-MiEV 157,MINICAB-M 200
06月:i-MiEV 288,MINICAB-M 256
05月:i-MiEV 142,MINICAB-M 134
04月:i-MiEV  39,MINICAB-M 31

↓2011年度(i-MiEV 2552台,MINICAB-MiEV 1927台)
(三菱自動車発表,2012年3月末国内「外」の累計:26000台)

03月:i-MiEV 117,MINICAB-M 123
02月:i-MiEV 446,MINICAB-M 590
01月:i-MiEV 341,MINICAB-M 467
12月:i-MiEV 359,MINICAB-M 747
(「MINICAB-MiEV」は2011年12月8日発売)
11月:326
10月:244
09月:340
08月:207
07月:61
06月:40
05月:34
04月:37

↓2010年度合計(「i-MiEV」2542台)

03月:102
02月:321
01月:219
12月:164
11月:172
10月:179
09月:277
08月:221
07月:383
06月:390
05月:53
04月:61

↓2009年度合計(「i-MiEV」748台)

03月:101
02月:151
01月:188
12月:145
11月:163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日発売)

2014/05/28

実用的超小型EV

リンク: 実用的超小型EVの実証実験を沖縄県で開始します。| NEWS | PUES.

ピューズは、実用的超小型EVの実証実験(大学構内のパトロール車両として使用)を5月28日より沖縄科学技術大学院大学で開始すると告知しています。

日本経済新聞.によると軽自動車扱いの2人乗りで、1充電走行距離は数十キロ、最高速度は時速約40キロで、市販化を目指しての情報収集になるようです。

ピューズEV

2014/05/27

「日本充電サービス」設立

リンク: 電気自動車の普及へ 新会社設立 NHKニュース.

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、三菱自動車の4社は、26日付けで新会社「日本充電サービス」を設立したと報じています。

「日本充電サービス」は、年内にもどの充電器でも使えるようにする会員制のサービスを始めるそうです。(以前の報道では10月サービス開始)

充電器のカードを共通化(2014/05/17)

報道によると新会社は、今年中に全国の充電器を現在のおよそ2倍の1万2000台に増やす計画だそうです。トヨタのプラグインハイブリッドに対応した普通充電器も含んでの数でしょう。(以下、2014年5月28日現在の登録台数)

GoGoEV:急速充電器2476台(普通充電器7488台)

coco充電:急速充電器2227台(普通充電器3407台)

【PHV・PHEV・EV】充電インフラ普及支援プロジェクト

2014/05/26

スマートホームのEV

リンク: スマートホーム:さいたま市にネット・ゼロ・エネルギー・ハウス、2種類の電気自動車を活用 - スマートジャパン.

さいたま市で始まった、電力と熱を自給自足できる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」で使われるホンダのEV(フィットEVMC-β)を紹介しています。

プロジェクトの参加企業の中には、東芝が含まれていますしホンダの「フィットEV」にも東芝製のSCiBセルが採用されていますから、ハウスの蓄電池はSCiB電池でしょう。

トヨタの超小型EV「i-ROAD」

リンク: MONOist新人編集の突撃リポート:トヨタのバンクする超小型EV「i-ROAD」は重心が安定していて意外と安心 - MONOist(モノイスト).

トヨタ超小型EV「i-ROAD」の試乗リポートです。

重要なのは「乗ってみてとても欲しくなったので、ぜひ実用化されてほしいです」の所でしょう。EVは乗ってみてはじめて良さ、面白さのわかる車なので、このような機会やレポートが大切です。

トヨタ「 i-ROAD」のモニター募集?(2014/03/20)

2014/05/25

転載:伊勢湾岸自動車道/刈谷PA(下り)の定期点検に伴うサービス停止

日本ユニシスより以下の案内がきましたので転載します。

(以下引用)
伊勢湾岸自動車道/刈谷PA(下り)は定期点検の為、以下の日時において急速充電サービスを停止致します。

点検中は、急速充電サービスをご利用頂く事ができません。
あらかじめご了承ください。
※コンセントボックスもご利用いただけません。
※開始・終了時間は多少前後する可能性がございます。

■伊勢湾岸自動車道/刈谷PA(下り)
サービス停止日時:5月30日(金) 3:00~7:00

運営代行会社:日本ユニシス株式会社

2014/05/23

仏ルノー EVの投入延期

リンク: 仏ルノー:「トゥインゴ」EVモデルの投入延期-需要伸びず - Bloomberg.

フランスのルノーは「トゥインゴ」のEVモデルの投入を保留していると伝えています。

ドイツのダイムラー は、EV「Bクラス」の生産を開始(2014/04/11)したそうですし、BMWも i3(2014/03/23)を発売していますから、世界の自動車メーカーのEVへの成否判断は、大きく別れているようです。

「阿蘇をEVの聖地に!!プロジェクト」(2014/05/23)

充電器のカードを共通化(2014/05/17)

日産、スペインでe-NV200の生産開始(2014/05/05)

「阿蘇をEVの聖地に!!プロジェクト」

リンク: 熊本「阿蘇をEVの聖地に!!プロジェクト」始まります。:電気自動車 日産 リーフ ブログ.

2014年5月21日に行われた第2回阿蘇地域世界農業遺産推進協会総会および阿蘇地域世界農業遺産認定1周年記念シンポジウムで、熊本日産グループから「阿蘇をEVの聖地に!!プロジェクト」の発表があったそうです。

その中の取組としてあげられたものが以下ですが、さすが日産太っ腹です。急速充電器は、阿蘇7市町村内に約20kmの間隔で20箇所設置されるそうですし、周辺のレストランや宿泊施設にも普通充電器が次々と設置されるようです。

1)日本最大級のEV急速充電網
2)阿蘇7市町村へのリーフ寄贈・貸与

あとはNEXCO 西日本 が山陽自動車道路や中国自動車道路の急速充電器を「 NEXCO西日本 次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」に基づいて早く整備してくれると関西や関東からも「聖地」を堪能できることになります。

熊本日産「阿蘇をEVの聖地に!!プロジェクト」

2014/05/21

航続可能距離表示

暖かな日和になり上手くエコ運転で走らせると「航続可能距離表示」が伸びるような季節となってきました。21日,走行距離は30700キロを越えていますが,「航続可能距離表示」は130キロを示していました。(i-MiEV Mグレード)
走行距離が伸びてくるとバッテリー性能は落ちてくるといわれていますが,30700キロ程度ではその影響はあまり無いようです。

Img_1204↑2014年5月5日(131km)

Img_1223 ↑2014年5月21日(130km)

航続可能距離表示136キロ(2013/04/14)走行距離17000km時点

EVのデメリット(2013/01/19)2) 走る距離が短い