電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« EVのデメリット | メイン | 三菱がロシアでEV用充電スタンドを設置 »

2013/06/29

マイナーチェンジ後のリーフの実用航続距離

リンク: リーフの乗り方.

満充電で平坦なら予備を20%くらい残して170km程度の航続距離となる。私の使い方であっても、よほどの遠出を考えていない限り何とか間に合う。その気になればリーフ1台でやっていけるんじゃなかろうか

うちでおこなっているi-MiEVとガソリン車の2台併用方法が一般的な使用法かといえば,田舎では軽自動車を含めた家族一人1台が常識でも,都会では駐車スペースのこともあり一般的にはなりえないでしょう。

170kmも走れば十分リーフ1台でやっていけそうです。

コメント

燃料ヒーターもマジに考えました。でもEV乗りが化石燃料に頼ってはいけません。人間は適応できる動物です。夏のウチワと冬のシートヒーターとひざ掛け。

(Webマスター:そうですよね。私も一時燃焼ヒーターにくらっときましたが,なしで冬を2回乗り越えました。厚めの手袋とブーツ代わりの長めの長靴,ジャンパーが必需品です(^O^)

夏は,デンソーの「クール&ウォームクッション」がおすすめです。おしりのあたりから風が通るだけで涼しいです。
http://www.denso.co.jp/ja/news/newsreleases/2011/111213-01.html

iMiEV2011で冬マイナス5℃~7℃を通勤しましたが、片道48キロ×2=96キロ、暖房なし、冬タイヤでも余裕で通勤してました。暖房最小でちょうどでしたが、亀さんはでませんでしたので、100キロは走れました。
旧リーフで80キロとは???
動力バッテリー使わない暖房があればいいですね。
北欧はどうしているのでしょうね。

(Webマスター:kazutake さんは,16kWhの電池を積んだi-MiEV Gグレードにお乗りでしたから,Mグレードの私よりうんと遠くまで走ることができますね。

旧リーフで80キロとは,kazutake さんとの暖房の入れ方・設定温度の違いかもしれません。

以前書きましたが,禁じ手かもしれませんが,灯油などを使うベバストの燃焼式ヒーターというのも有りかもしれません。
http://evn.blog.eonet.jp/weblog/2012/12/post-6f33.html)

問題は冬12月から2月:旧リーフでは80km以下です。新型でも100kmあたりじゃ使い物になりません。

(Webマスター:なるほど。私の三菱i-MiEVも冬はからきし弱いです^_^;

ただ,そこまでして乗るのかと言われたらそれまでですが,手袋にブーツ,膝掛けなどをすれば,暖房を最少にしたi-MiEVでも80キロは走ります。私の通勤距離,往復30キロなら十分使えています。

セカンドカーとしてという前提がつきますが,使い方・考え方次第では楽しい?乗り物です。冬を2回過ごしての感想です(^O^))

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。