電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月の記事

2012/08/31

フィットEVのリース販売開始

リンク: Honda | 「フィットEV」の国内リース販売を開始.

Hondaは、フィットEVのリース販売を自治体や企業に向け8月31日より開始したと伝えています。

ニュースリリース中に「JC08モードの交流電力量消費率(電費)で106Wh/km」と表現されていますが,エンジン車が1Lあたり何km走るのかを示すように,電気1kWhあたり何km走るのかを示した「km/kWh」のほうがわかりやすいと思います。

1万キロ走ったところ1kmで○円(2012/06/29)

価格は400万円で補助金は94万円(次世代自動車振興センター)ですから,実質購入額は306万円です。

ちなみに日産リーフはXグレードで実質購入額は298万円,Gグレードで328万円,三菱i-MiEVMグレードで188万円,Gグレードで284万円です。

i-MiEV Mグレードで同じ東芝の電池を使っていてその量産効果などで価格の低下もあるでしょうから,もう少し価格が安くなってもよいはずですが,今回は自治体や企業に向けのリース販売ですからこの価格(割高)に設定されているのでしょう。

EVがクリアすべきハードルは高い?(2012/07/07)

転載のお詫び

以下の記事は誤報だったと「リーフの誤報」(自動車評論家 国沢光宏のホームページ)は伝えています。私のところでは確認するすべがありませんが,お伝えするとともに誤報だったとしたら転載したことをお詫びします。(ネット上には,リーフの新規の予約を中止しているとの情報もあり,真実は不明です。年末までにはハッキリとするでしょう)

リンク: 日産「リーフ」大幅改良1年前倒し 電費性能引き上げ、デザイン変更 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ).

次期「リーフ」大幅な改良!(2012/08/15)

足柄SA(下り)充電器の故障

日本ユニシスよりタイトルの案内がきましたので,転送します。
ーーー(以下引用)ーーー
現在、足柄SA(下り)にて充電器の故障のため、急速充電をご利用頂けない状況です。

なお復旧までの間、予備電源ボックス(200V)はご利用頂けます。
復旧致しましたら改めてご連絡致します。
ご迷惑をおかけ致しまして誠に申し訳ございませんが、復旧までお待ち頂きます様お願い申し上げます。

2012/08/30

テスラ、「モデルS」を2013年上期に発売

リンク: 米テスラ、セダンタイプEVを日本投入 13年上期  :日本経済新聞.

「モデルS」は,現在販売しているスポーツカーEV「ロードスター」(1276万円~)の半分程度になると伝えています。1充電走行可能が480キロメートルといっても価格が600万円では,一部の消費者のものとなるのでしょう。

日本の急速充電規格(CHAdeMO協議会)にも対応するそうです。

テスラS(2012年08月31日)ECOカーアジア

2012/08/29

自動車教習車にリーフ

リンク: 教習車ラインアップ.

長浜自動車学校の教習車に日産リーフが採用されています。これから自動車を運転しようとする人たちにとって,自動車学校でEVを体験できることは,すばらしいことです。将来,教習生の中から最初の車としてEVを購入する人も出てくるかもしれません。

教習車もですが,自動車学校にとっては,教習生の送迎車こそEVがふさわしいのではないかと思います。

送迎車は,路線バスのようにほぼ決まった範囲でしか運行されませんし,必ず中心点である自動車学校に戻ってきます。また,送迎車は,いつも動いているわけではなく,自動車学校に待機している時間が充電時間として利用できます。

さらに,ガソリン車では,毎日の運行でガソリンにかかる経費は大きいでしょう。

2013年度より生産が開始される日産「e-NV200」は,この点最適ではないかと思います。

上郷SA(上り)、駿河湾沼津SA(上り)充電器復旧

日本ユニシスよりタイトルの案内がきましたので,転送します。
ーーー(以下引用)ーーー
上郷SA(上り)、駿河湾沼津SA(上り)にて発生していた充電器の故障が復旧致しました。
今後とも急速充電サービスをよろしくお願い致します。

三菱 i-MiEVなどの2012年7月度 販売実績

リンク: プレスリリース | 企業情報・投資家情報 | MITSUBISHI MOTORS.

三菱自動車 2012年7月度 生産・販売・輸出実績

2012年度のi-MiEVMINICAB-MiEV の国内販売台数がほぼ同じになりました。

販売が伸び悩んでいますから,今年度中に発売されるという軽トラック版EVと,価格が改定されるかもしれないマイナーチェンジされた次期「i-MiEV」に期待したいものです。

次期「リーフ」大幅な改良!(2012/08/15)

1

2012年7月までの

i-MiEV の国内販売総数: 6468台
(2009年11月以降の台数で2009年7月〜10月の記録はなし。メーカー発表による)

MINICAB-MiEV の国内販売総数: 2548台

2012年度(i-MiEV 626台,MINICAB-MiEV 621台)

07月:i-MiEV 157,MINICAB-MiEV 200
06月:i-MiEV 288,MINICAB-MiEV 256
05月:i-MiEV 142,MINICAB-MiEV 134
04月:i-MiEV 39,MINICAB-MiEV 31

2011年度(i-MiEV 2552台,MINICAB-MiEV 1927台)
(三菱自動車発表,2012年3月末国内外の累計:26000台)

03月:i-MiEV 117,MINICAB-MiEV 123
02月:i-MiEV 446,MINICAB-MiEV 590
01月:i-MiEV 341,MINICAB-MiEV 467
12月:i-MiEV 359,MINICAB-MiEV 747
(「MINICAB-MiEV」は2011年12月8日発売)
11月:326
10月:244
09月:340
08月:207
07月:61
06月:40
05月:34
04月:37

2010年度合計(「i-MiEV」2542台)

03月:102
02月:321
01月:219
12月:164
11月:172
10月:179
09月:277
08月:221
07月:383
06月:390
05月:53
04月:61

2009年度合計(「i-MiEV」748台)

03月:101
02月:151
01月:188
12月:145
11月:163
(これより以前のデータはなし。「i-MiEV」は2009年7月23日発売)

バンクーバー市、「アイミーブ」を追加購入

リンク: バンクーバー市、公用車に「アイミーブ」追加-電気自動車導入率カナダ1位に - バンクーバー経済新聞.

年に2万800カナダドルの予算節約

「予算節約」と書いていますが,燃料やメンテナンスにかかる費用を削減するという意味でしょうか。「i-MiEV」13台で年に2万800カナダドルといと,現在のレートで約165 万円ですから,1台分に直すと約13万円です。私の「i-MiEV」の計算では1年間に10万円ほど節約できる見込みですから,だいたい妥当な額でしょう。

1万キロ走ったところ1kmで○円

2012/08/28

シムドライブ,SIM-WILレポート

リンク: シムドライブ・シムウィル EVよ、次はスマホを目指せ! - トレンド - 日経トレンディネット.

「今までのEVが弁当箱サイズの昔のショルダーホンだとしたら、『シムウィル』は今の薄型携帯。本当の革命はここから始まるんです」

これは,SIM-Drive社社長の清水浩先生の言葉ですが,言葉通りのことを期待しています。

話題のシムウィルにテストコースでチョイ乗りすることになったのだ。    「ジャーナリストではおそらく小沢さんが初めてですよ」とシムドライブの広報

この部分を読んで,「ジャーナリスト」はいいなあとうらやましく思ったのですが,「初めて」というところに引っかかりました。SIM-Drive社の目的は、 「自ら電気自動車製造をするのではなく、最高の電気自動車技術とその情報を最小の費用で電気自動車に関連するすべての企業、機関に提供すること」だそうですから,視線が企業に向いていることは仕方ないとしても,SIM-Drive社のビジョンの中に「環境にやさしい自動車の開発・提供を通じて、子どもと家族の生きていく未来の世界を良くしていきます」というのもあるのだから,EVの可能性を知らせるためにももっと個人に向かって広報することも大切ではないかと思います。

2012/08/27

日産は北米向けHEVに日立製電池を採用

リンク: 電気自動車:日産自動車が北米向けHEVに日立製電池を採用、EV向けはAESC製で変わらず - @IT MONOist.

三菱がi-MiEV Mグレードなどに東芝製の電池を採用しているように,他社製の電池を利用することも多くなってくるのでしょう。ただ,製品の発表から市販に至るまでになぜ3年もかるのかは疑問です。

日立ビークルエナジーは2009年5月、4500W/kgという出力密度を達成した第4世代HEV向けリチウムイオン電池を発表している