電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月の記事

2011/03/31

【シムドライブ1号車】市販化に向けた展開は?

レスポンス

年産10万台規模であれば、バッテリーを除いて150万円あたりになるのではないでしょうか。ただし年産1万台規模になれば、価格は2倍に

バッテリー価格の低下によりバッテリー込みで販売されるかもしれないようです。

観光地での電気バス・タクシー導入支援 国交省が公募開始

レスポンス

観光地などで電気バスや電気タクシーを活用した意欲的な事業展開をめざす事業者を支援する制度で、バスについては充電設備も含めた導入費用の2分の1、タクシーは導入費用の3分の1を補助

2010年度補正予算でこの事業に4億5千万円をつけるそうですが,今止まっている高速増殖原型炉「もんじゅ」の修理には13億8千万円以上かかる見込みだそうです。
http://kuroki53.exblog.jp/12165837/

2011/03/30

【計画停電】シムドライブ清水社長「EVへの影響はない」

レスポンス

日本の乗用車がすべてEVになったとしても、発電量を10%増やせば問題ありません。夜間の充電を前提とすれば、現在の発電能力で対処できます。しかも SIM-LEIのバッテリーは一般家庭2日分の電気を蓄えることができます

すべての車がEVになるわけがありませんから,発電量を増やす必要はないといえるでしょう。ただし,昼間に充電する必要のある車が多くなれば,充電器を多数そろえる必要性は出てくることでしょう。
清水氏は今回の計画停電が契機になって「太陽光発電を導入する家庭が増える」→「量産効果で 価格が下がる」→「普及が加速する」と予想しています。原発関連の予算を振り替えればさらに普及が加速するかもしれません。

【シムドライブ第1号】333kmのための魚系フォルム

レスポンス

空気中よりも抵抗の大きい水中を進む魚をヒントに、細長いフォルムを

後部の写真が細長さをよく示しています。

【シムドライブ第1号】航続333km達成の理由は?

レスポンス

インホイールモーターで3割、空力で2割、走行抵抗で2割、バッテリーで1割の性能向上を実現

バッテリーは、東芝製リチウムイオン電池「SCiB」を使っているそうです。

テスラの4ドアEVスポーツの開発現場…写真を公開

レスポンス

モデルSに関して、「2013年の中頃、右ハンドル仕様を日本市場へ導入する」とアナウンスした。現時点で日本での価格は不明だが、米国現地価格は7万7400ドル(約640万円)からと公表

2011/03/29

先行開発車で一充電航続距離333km達成

SIM-Drive

JC08モード(日本における標準的な市街地走行モード)において、333kmの性能を得ることができました。この性能を出すための電池の容量は24.9kWhと、既に市販されている電気自動車の電池容量とほぼ同じ

日産リーフの電池容量は24kWh
インホイールモータ、車体の軽量化、高パワー密度電池、超低転がり摩擦抗タイヤを採用しているそうです。
超低空気 抵抗ボディーのためかバックミラーが小さく感じます。また,抵抗を小さくしようとするとどれも似たようなプリウスのような後部デザインになるのかと思いました。

ラジエターが不要なEVに全面下部の穴(ナンバーの両側)がなぜ必要なのでしょうか?いずれにせよ2013年頃の量産化が楽しみです。参加企業には三菱自動車の名前もあるので,iMiEVにもこの技術が受け継がれていくかもしれません。
プレスリリース日本語版 295KB
(プレスリリースより)

日本ユニシス、東名高速のEV急速充電器にシステム提供

レスポンス

東名高速道路の足柄SA(上下線)、富士川SA(上下線)、牧之原SA(上下線)、浜名湖SA(上下線)、名神高速道路の多賀SA(下り線)、東名阪自動車道の御在所SA(上下線)の計11か所に電気自動車用急速充電システムが設置

東京から京都?までEVでの連続走行することが可能になります。

FDK、ハイブリッドカー向けフェライトの製造工場を新設

レスポンス

納入先との連携をより密接にして、開発から製造まで一貫した取り組みを行なうことが必要と判断、フェライト製造実績のある山陽工場で、工場を新設

電気自動車の軽自動車税減免と、紅谷町・錦町駐車場使用料の割引を実施します

平塚市

軽自動車税の減免

 軽自動車税の対象のうち、電気を動力とする車種で、平成23年4月1日以降に登録された車両(小型特殊自動車を除く)について、平成23年度から5年間、軽自動車税を免除します。
 お問い合わせは、市税総務課(電話21-8769)へ。
 
駐車場利用料金の割引
  紅谷町駐車場と錦町駐車場を利用した場合、電気自動車認定証を提示すると、1日1回に限り、12時間以内の利用時間の駐車料金が半額になります。

三菱自動車のi-MiEVが対象ということのようです。

7200円*5年間=36000円