電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010/04/30

表舞台に立ったEVベンチャー 

BPnet

5月中にも量産を狙った試作車で実証試験を行う。この試作車は1人乗りで、3〜4時間の充電で100km程度走れる性能を目指す

EV購入を県が補助

タウンニュース

最高65万円,350台分を先着順で受け付けるそうです。ただし,リーフにも適応できるように期間が分けられています。

問合せ先:神奈川県交通環境課【電話】045(210)4175

急速充電器を設置

タウンニュース

海老名サービスエリア上下線に電気自動車(EV)の急速充電器を1基ずつ設置した。すでに28日から利用がスタート。充電料金は1回100円

中日本高速道路

東京−新潟 EV実車走行チャレンジに成功

昭和シェル

ガソリンスタンド内の200Vコンセントから3時間ほどをかけて普通充電し、EVのバッテリーを100%まで回復させることができました

ガソリンスタンドの利益に繋がるのかが問題かもしれません。

一般道路を走る予定でしたが、高速道路を60−70km/時の定速で走行すると、かなり電費が良くなることが判明したため、予定を変更して関越自動車道を走行することに

70kmよりも速くなると電費は落ちてくるのでしょう。

【考 察】 (2)長距離走行は可能ではあったが、一般に無理なく安心して長距離走行を行うためには急速充電器が10−20km間隔で整備されることが必要

もっと距離があってもよいようにおもいます。ガソリンスタンドを前提にすれば,このくらいになるのかもしれません。

(3)急速充電器の設置場所として、交通量の多い道路に面しており、車両に関して知見のあるガソリンスタンドが最適であることを再認識した

昭和シェルとしては当然。

(4)今後、カーナビ等に充電場所の表示、空き具合等がわかるシステムが導入されると、不安感が解消し、安心してEVでの走行が可能になる

(1)に「事前に計画を立て、充分な準備をすれば可能」としている部分とは矛盾しますが,システムがあれば便利ではあるでしょう。普段の生活,近距離のみに使うのであれば不要ですが。

[上海エキスポ10]スマート EVのカーシェアリングを提案

レスポンス

上海エキスポでは、このフォーツーedを使用したカーシェアリングシステム、「car2go」を提案

「高まるEV化の流れ,変換迫られる企業戦略」,電気自動車のインパクトを予測する

ECO JAPAN

普及のスピードを決めるのに以下の三つの要素(1)電池のコスト(2)電池の性能(3)充電インフラの整備——の影響が大きいと

(1)のみだと思います。普段乗るのであれば,100kmも走れば十分ですし,普段の走行であれば,家庭で深夜に充電が基本になるからです。技術革新が進めば電池性能は上がってきますし,携帯電話のように普及が進めば後からインフラは追いついてくるでしょう。

旧::Electric vehicle News(電気自動車ニュース) アクセス数

2010 年1月4日まで運用していた旧ホームページの2010年4月のアクセス数です。検索するとこのページではなく,旧ページがリストアップされることがあるために,今でもそちらからリンク をたどってこられる方がいらっしゃいます。
201004

2010/04/29

マンション入居者でEVカーシェア オリックス分譲物件

2012年に完成予定での物件でですからi-MiEVだけでなく,リーフでの活用も考えられそうです。

“夢”広がるEVサミット でも、急速充電器は必要、不要?

MSN産経ニュース

実感として「急速充電器は使わない」

「急速充電器は使わない」のではなくて,「出先では充電しない」という意味でしょう。

「この距離なら自宅に帰って充電する方が現実的。EVは『お遊び』。遠出するならガソリン車かハイブリッド車を使う」と強調する。

『お遊び』ではなくて、『EVでの遠出はお遊び』という意味でしょう。

急速充電器は長い距離を走るときの「安心」保険にはなりますが,常時使うものではないでしょう。急速充電器の設置コストを売電で回収できない現在では,行政などが,点在して置けば必要十分ではないか,と思います。
EV購入者の多くは,その航続距離からEVを2台目の車として使うことが多いでしょうから,1台目の車として広く普及させるには,記事中にあるように現在あるEV購入への補助よりも「EV購入者が遠出する場合、レンタカー代を補助してくれた方が効率的」かもしれません。

2010/04/28

イートンと高丘製作所、EV急速充電器で提携

国際自動車ニュース

イートンは、高丘との技術提携を通じ、米国、カナダ、メキシコ向けに「CHAdeMO(チャデモ)」方式による急速充電器を製造販売

高岳製作所